あしたでんきの評判・口コミから分かるデメリットは?電気料金やキャンペーンも解説!

あしたでんきの評判・口コミを20件以上紹介!メリット・デメリットは?キャンペーン・キャッシュバックも解説!

あしたでんきは東京電力が作った格安料金で評判の新電力会社です。

無駄なサービスをなくすことで、全ての新電力の中でもトップクラスの安さを実現しています

電気代の安さと大手電力会社が運営している安心感から、あしたでんきは新電力の中でもかなり人気が高いですよね。

ですが1人暮らしの場合に高くなるケースがあるなど、あしたでんきにもデメリットはあります。

実際に利用している人の口コミを確認して、具体的にどのような人が注意したら良いのか契約前にチェックしておきましょう。

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

あしたでんきの評判・口コミ

あしたでんきの評判・口コミ

当サイトやtwitterや知恵袋などで確認できた、あしたでんきの口コミを紹介します。

料金面での評判・口コミ

  • 東京電力からあしたでんきに切り替えたら年間で2万円近くも電気代を節約できた。同じ東電グループなのに今までの東電は一体何だったの?って感じ。
  • 最強と噂のあしたでんきですが、関西は特に安いですね。私の場合は関電より月2,000円は安くなる。無駄なサービスをなくして、安くしてるのがいい。
  • 基本料金が無料の新電力を探していたところ、あしたでんきを発見。九州電力に毎月支払っていた基本料金がタダになって、しかも従量料金も安い。運営会社も大手なのもポイント。
  • 私の場合はあしたでんきのたっぷりプランがピッタリ。中部電力から切り替えで月3,000円も安くできた。中電高すぎ・・・w毎月800kWhも電気を使うんだけど、調べた限りどの新電力よりも安かったな。

あしたでんきは数ある新電力の中でも、料金面で高い評価となっています。

1ヵ月に300kWh以上を使用する家庭では「標準プラン」・700kWh以上なら「たっぷりプラン」が、それぞれ電気代をかなり安くできるのでおすすめです

Point
  • 料金の評判はとても良い

 

都市ガスセット契約よりお得なのも高評価

東電・関電・東京ガス・大阪ガスなど電気とガスをまとめるとお得と宣伝している会社は多いですが、実態はかなり高いですよね。

当然ですが「あしたでんき」のような電気代が安い新電力と、ガス代がお得なガス会社を組み合わせた方がずっと節約できるわけです

実際に電気とガスをまとめられる会社より安いと、評価する口コミが多く確認できます。

  • 東電で電気と都市ガスをまとめてましたが高すぎるので、関東で最安だったあしたでんきとレモンガスの組合せに変更。東電ぼったくりでしょ・・・
  • 関西電力か大阪ガスのどちらでまとめるか比較していたところ、あしたでんきの方がずっと安いことを知った。関電は都市ガスだけ利用して、あしたでんきと組み合わせる方がお得です。関西では電気とガスをまとめると必ず高いから、別々に契約した方がいいね。
  • 東京ガスで電気とガスをまとめようとしていましたが、東電よりはお得だけど新電力で比較するとあんまり安くないですね。関東の人はあしたでんき+レモンガスの一択だわ。

電気代がトップクラスの安さなので、お得なガス会社と組み合わせることで電気とガスの両方を最大限節約できますね。

あしたでんきとの組み合わせに、最適な各地の都市ガス会社は次の通りです。

都市ガス比較表のショートコード用

エリア最適な
都市ガス
備考
東京
ガス
エリア
レモンガス・レモンガスは東京ガスエリアで都市ガス最安値
・電気とガスをまとめるならLooopガスが最強
大阪
ガス
エリア
関西電力の
都市ガス
・関電ガスは電気代が高いので、ガス単体の契約が推奨
東邦
ガス
エリア
中部電力の
都市ガス
・中部電力は電気代が高いので、ガス単体の契約が推奨
西部
ガス
エリア
西部ガスの
都市ガス
・九州電力・西部ガスの電気ガスセットは非推奨
・西部ガスの都市ガス単体との組み合わせが最強

ちなみにプロパンガスを利用している人は、ガスチョイス」という地域のお得なガス会社を無料で探してくれるサービスが便利ですよ

あしたでんきで電気代を安くしたら、都市ガスも正しく組み合わせて節約できるといいですね。

Point
  • お得な都市ガスと組み合わせできる

 

その他の評判・口コミ

  • あしたでんきのマイページ使いやすいなあ。画面が見やすいし、1時間ごとにほぼリアルタイムの電気の使用量が分かる。
  • あしたでんき安いから契約したいんだけど、オール電化の場合は高くなるっぽい。
  • 評判のいいあしたでんきのシミュレーションしたけど、自分の場合は高くなってしまう。電気の使用量が少なすぎるのが原因か・・・

あしたでんきはマイページの評判もいいです。新電力では「電気の見える化」が便利ですが、シンプルで操作がとても分かりやすくなっています。

もちろん全ての評判が良いものではなく、オール電化や電気の使用量が極端に少ない場合には向かないといった口コミもあります。

この後のメリット・デメリットの紹介で、詳しく解説していきますね。

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

あしたでんきのメリット

あしたでんきのメリット・デメリット

あしたでんきのメリットやおすすめな点は次の4つです。

あしたでんきのメリット
  1. 電気料金がトップクラスの安さ
  2. 700kWh以上の大容量でもお得
  3. マイページが使いやすい
  4. 大手の安心感がある

これらのサービスで評価されているのが、あしたでんきの特徴です。

 

電気料金がトップクラスの安さ

あしたでんきは新電力の中でもトップクラスの安さで人気です

電気代は一般的に基本料金(毎月固定)と従量料金(電気の使用量で決まる)の合計で計算されます。

あしたでんきの「標準プラン」は基本料金が0円なので、今まで電力会社へ毎月支払っていた固定料金が無料となりお得です。

あしたでんきは基本料金が無料

さらに電気の使用量で決まる従量料金もほぼ最安値なので、電気を多く使う家庭ほど節約できます。

新電力の中でも最強の電力会社の1つと言えますよ。

Point
  • 電気料金がトップクラスの安さ

 

700kWh以上の大容量でもお得

あしたでんきには「たっぷりプラン」という電気を多く使う家庭向けのプランも用意されています。

「たっぷりプラン」は1か月の電気の使用量が700kWh以上になる人が、電気代をほぼ最安値にできるプランです。

電気を多く使う家庭では、年間数万円の節約も可能な人気のプランとなっていますよ。

電気の使用量が多い人は「たっぷりプラン」を検討しましょう!

Point
  • たっぷりプランは700kWh以上ならほぼ最安値

 

マイページが使いやすい

新電力には公式サイト上で電気の使用量や請求額などを確認できます。「電気の見える化」というものですね。

以下は私の場合のマイページの画面です。

あしたでんきのマイページ

1時間ごと・1日ごと・1か月ごとの電気の使用量をグラフで確認できたり、その月の請求額などがすぐに分かるようになっています。

「実際にどれくらい電気を使っているのか」「無駄はないのか」など目で見て確認できるので、とても便利。

シンプルで分かりやすいマイページは個人的にも高評価です。

Point
  • マイページが使いやすい

 

大手の安心感がある

あしたでんき」って大手なの?と疑問に思うかもしれませんが、親会社は東京電力です。

東京電力が作った格安電力会社で、航空機のLCCのようなもの。

あしたでんきは安さと安心が両立した貴重な電力会社と言えます

信頼できる新電力なので利用者がとても多く、専門家から見ても評価の高い電力会社です。

Point
  • あしたでんきは安心して利用できる

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

あしたでんきのデメリット

人気のあしたでんきですが、もちろんデメリットもあります。

主な注意点は、次の3つです。

あしたでんきのデメリット
  1. 支払方法がクレジットカードのみ
  2. オール電化プランがない
  3. 20A以下の場合に高くなる人が一部いる

 

支払方法がクレジットカードのみ

支払方法をクレジットカードのみとしている新電力は多く、あしたでんきもクレジットカード払いのみ可能です

口座振替・銀行振込・振込票によるコンビニ払いなどは利用できません。

どうしてもクレジットカードを利用できない人は、口座振替ができる新電力から選ぶといいですよ。

補足
クレジットカードはVisa・MasterCard・American Express・DinersClub・JCBを利用できます。
Point
  • 支払方法がクレジットカードのみ

 

オール電化プランがない

あしたでんきに限らず、多くの新電力ではオール電化に対応した料金プランはありません

オール電化の人は、夜間の料金が安い特殊な料金プランに加入しています。

電気代のお得な深夜に電気の使用量を多くして、電気代を安くしているというわけですね。

オール電化を利用している人があしたでんきを契約すると、夜間の電気代が上がるので逆に高くなる可能性もあります。

新電力の中にはオール電化に対応した料金プランを出している会社もあるので、そちらを検討しましょう

Point
  • オール電化プランがない

 

20A以下の場合に高くなる人が一部いる

あしたでんきは電気の使用量が多い人の方が、お得になりやすい新電力です。

逆に電気の使用量が少ない人の一部で料金が上がる可能性があるので注意しましょう。

具体的に該当するケースを紹介します。

関東・中部・東北・九州の場合

東京電力・中部電力・東北電力・九州電力エリアの場合は、20A(アンペア)以下で契約している人が注意です。

ただし電気の使用量によってはお得になる人もいるので、該当する人は事前にこちらでシミュレーションをしておきましょう。

補足
契約アンペアは電力会社から送られてくる検針票や自宅のブレーカーを見ると確認できます。

関西・中国の場合

関西と中国地方の場合は、以下の電気使用量の人は逆に料金が高くなる可能性があります。

エリア1か月の電気使用量
関西電力エリア15~160kWh
中国電力エリア10~220kWh

あくまでも目安なので、事前にこちらでシミュレーションをしておきましょう。

Point
  • 電気の使用量が少ない場合に高くなる人がいる

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

あしたでんきの料金プラン

あしたでんきのプラン

「あしたでんき」の料金プランは☟の2つ。

プラン名内容
標準
プラン
  • 基本料金が無料
  • 業界最安値級の料金プラン
たっぷり
プラン
  • ひと月に700kWh以上使う家庭向け
  • 700kWh以上では最安値

それぞれの料金プランの特徴をもう少し詳しく解説します。

標準プラン

あしたでんきの「標準プラン」は、一般的な家庭向けです。

他社では請求される基本料金(固定料金)が無料

毎月の電気使用量によって決まる従量料金のみとなっています。

他社では必要な基本料金がタダなので、料金がすごく安くなるというわけですね。

標準プランの料金表
基本料金従量料金
0円関東26円
関西22円
中部26円
東北26円
中国24円
九州23円

さらに従量料金の単価も業界最安値なので、価格が新電力会社の中でほぼ最安値となります。

補足
燃料調整費・再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)は他社と同じく必要です。
標準プランのPoint
  • 基本料金が無料
  • 従量料金は業界最安値

 

あしたでんきのたっぷりプラン

あしたでんきの「たっぷりプラン」は、一か月の電気の使用量が700kWhとかなり多い家庭向けです。

標準プランとは違い基本料金が3,000円ですが、従量料金がお得で約700kWhより多くなると「たっぷりプラン」の方が安くなります。

たっぷりプランの料金表
基本料金従量料金
3,000円関東21.5円
関西17.5円
中部21.5円
東北21.5円
中国19.5円
九州18.5円

「たっぷりプラン」は電気をたくさん使う家庭で、ほぼ最安値のプランとなります

たっぷりプランのPoint
  • ひと月に700kWh以上使う家庭向け
  • 電気使用量が多い家庭でほぼ最安値

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

あしたでんきの料金を比較

あしたでんきの標準プランの電気料金がどれくらいお得なのか比較します。

1人暮らし・2人暮らし・3人暮らし・4人暮らし・5人暮らしの平均の電気使用量から、電気代をシミュレーションしています。

切り替えた場合にどれくらい節約できるのか、具体的な電気料金の見積もり価格を確認しておきましょう。


地域を選んで下さい

あしたでんきと東京電力を比較(関東)

あしたでんきの関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・山梨・静岡富士川以東)での料金を計算します。

標準プランの場合

東京電力(TEPCO)からあしたでんきの「標準プラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
東京電力
【切替後】
あした
でんき
年間
節約額
1人66,568円64,584円-1,984円
2人109,693円105,144円-4,549円
3人128,165円117,936円-10,229円
4人137,100円122,616円-14,484円
5人153,371円133,536円-19,835円
基本料金0円
従量料金26円
(1kWhにつき)

あしたでんきは東京電力よりかなりお得で、関東でトップクラスの安さです

関東で一番高い東京電力から、早めに切り替えて節約するのがおすすめですね。

◆ 安くて安心の新電力会社 ◆

あしたでんきの申し込みはこちら

 

たっぷりプランの場合

東京電力(TEPCO)からあしたでんきの「たっぷりプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

たっぷりプランに最適な700kWh以降で計算しています。(60アンペア契約で試算)

1ヵ月
電気
使用量
【切替前】
東京電力
(年間)
【切替後】
たっぷり
プラン
(年間)
年間
節約額
700kWh253,152円216,600円-36,552円
800kWh289,836円242,400円-47,436円
900kWh326,520円268,200円-58,320円
1000kWh363,204円294,000円-69,204円
基本料金3,000円
従量料金21.50円
(1kWhにつき)

あしたでんきの「たっぷりプラン」は1ヵ月に700kWh以上使う家庭では、関東で最安値級の料金となります。

電気の使用量が多い人家庭は、年間数万円も安くなるのでぜひ検討しましょう!

あしたでんきと関西電力を比較(関西)

あしたでんきの関西(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)での料金を計算します。

標準プランの場合

関西電力からあしたでんきの「標準プラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
関西電力
【切替後】
あした
でんき
年間
節約額
1人56,630円54,648円-1,982円
2人98,428円88,968円-9,460円
3人112,838円99,792円-13,046円
4人118,111円103,752円-14,359円
5人130,412円112,992円-17,420円
基本料金0円
従量料金22円
(1kWhにつき)

あしたでんきは関西電力よりかなりお得で、関西でトップクラスの安さです

関西で一番高い関西電力から、早めに切り替えて節約するのがおすすめですね。

◆ 安くて安心の新電力会社 ◆

あしたでんきの申し込みはこちら

 

たっぷりプランの場合

関西電力からあしたでんきの「たっぷりプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

たっぷりプランに最適な700kWh以降で計算しています。

1ヵ月
電気
使用量
【切替前】
関西電力
(年間)
【切替後】
たっぷり
プラン
(年間)
年間
節約額
700kWh226,015円183,000円-43,015円
800kWh261,163円204,000円-57,163円
900kWh296,311円225,000円-71,311円
1000kWh331,459円246,000円-85,459円
基本料金3,000円
従量料金17.50円
(1kWhにつき)

あしたでんきの「たっぷりプラン」は1ヵ月に700kWh以上使う家庭では、関西で最安値級の料金となります。

電気の使用量が多い人家庭は、年間数万円も安くなるのでぜひ検討しましょう!

あしたでんきと中部電力を比較(中部)

あしたでんきの中部(愛知・岐阜・三重・長野・静岡富士川以西)での料金を計算します。

標準プランの場合

中部電力からあしたでんきの「標準プラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
中部電力
【切替後】
あした
でんき
年間
節約額
1人67,300円64,584円-2,716円
2人108,452円105,144円-3,308円
3人125,901円117,936円-7,965円
4人134,462円122,616円-11,846円
5人149,859円135,590円-14,269円
基本料金0円
従量料金26円
(1kWhにつき)

あしたでんきは中部電力よりかなりお得で、中部地方でトップクラスの安さです

中部で一番高い中部電力から、早めに切り替えて節約するのがおすすめですね。

◆ 安くて安心の新電力会社 ◆

あしたでんきの申し込みはこちら

 

たっぷりプランの場合

中部電力からあしたでんきの「たっぷりプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

たっぷりプランに最適な700kWh以降で計算しています。(60アンペア契約で試算)

1ヵ月
電気
使用量
【切替前】
中部電力
(年間)
【切替後】
たっぷり
プラン
(年間)
年間
節約額
700kWh242,851円216,600円-26,251円
800kWh277,039円242,400円-34,639円
900kWh311,227円268,200円-43,027円
1000kWh345,415円294,000円-51,415円
基本料金3,000円
従量料金21.50円
(1kWhにつき)

あしたでんきの「たっぷりプラン」は1ヵ月に700kWh以上使う家庭では、中部で最安値級の料金となります。

電気の使用量が多い人家庭は、年間数万円も安くなるのでぜひ検討しましょう!

あしたでんきと東北電力を比較(東北)

あしたでんきの東北(宮城・山形・福島・岩手・秋田・青森・新潟)での料金を計算します。

標準プランの場合

東北電力からあしたでんきの「標準プラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
東北電力
【切替後】
あした
でんき
年間
節約額
1人65,079円64,584円-495円
2人106,348円105,144円-1,204円
3人124,714円117,936円-6,778円
4人133,944円122,616円-11,328円
5人150,202円133,536円-16,666円
基本料金0円
従量料金26円
(1kWhにつき)

あしたでんきは東北の3人以上の世帯で、東北電力よりかなりお得になりますね

多くの人が電気代を節約できるので、東北で一番高い東北電力から早めに乗り換えて節約したいですね。

一方東北で1人暮らしの場合はあまり安くならないので、以下の関連記事から東北でお得な新電力を探しましょう。

◆ 安くて安心の新電力会社 ◆

あしたでんきの申し込みはこちら

 

たっぷりプランの場合

東北電力からあしたでんきの「たっぷりプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

たっぷりプランに最適な700kWh以降で計算しています。(60アンペア契約で試算)

1ヵ月
電気
使用量
【切替前】
東北電力
(年間)
【切替後】
たっぷり
プラン
(年間)
年間
節約額
700kWh245,772円216,600円-29,172円
800kWh280,908円242,400円-38,508円
900kWh316,044円268,200円-47,844円
1000kWh351,180円294,000円-57,180円
基本料金3,000円
従量料金21.50円
(1kWhにつき)

あしたでんきの「たっぷりプラン」は1ヵ月に700kWh以上使う家庭では、東北で最安値級の料金となります。

電気の使用量が多い人家庭は、年間数万円も安くなるのでぜひ検討しましょう!

あしたでんきと中国電力を比較(中国)

あしたでんきの中国(広島・岡山・山口・島根・鳥取)での料金を計算します。

標準プランの場合

中国電力からあしたでんきの「標準プラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
中国電力
【切替後】
あした
でんき
年間
節約額
1人58,922円59,615円+693円
2人102,717円97,056円-5,661円
3人117,275円108,864円-8,411円
4人122,601円113,184円-9,417円
5人135,029円123,264円-11,765円
基本料金0円
従量料金24円
(1kWhにつき)

あしたでんきは中国地方の2人以上の世帯で、中国電力よりかなりお得になりますね

多くの人が電気代を節約できるので、中国地方で一番高い中国電力から早めに乗り換えて節約したいですね。

一方中国で1人暮らしの場合は高くなる可能性があるので、以下の関連記事から中国地方でお得な新電力を探しましょう。

◆ 安くて安心の新電力会社 ◆

あしたでんきの申し込みはこちら

 

たっぷりプランの場合

中国電力からあしたでんきの「たっぷりプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

たっぷりプランに最適な700kWh以降で計算しています。

1ヵ月
電気
使用量
【切替前】
中国電力
(年間)
【切替後】
たっぷり
プラン
(年間)
年間
節約額
700kWh231,611円199,800円-31,811円
800kWh267,119円223,200円-43,919円
900kWh302,627円246,600円-56,027円
1000kWh338,135円270,000円-68,135円
基本料金3,000円
従量料金19.50円
(1kWhにつき)

あしたでんきの「たっぷりプラン」は1ヵ月に700kWh以上使う家庭では、中国地方で最安値級の料金となります。

電気の使用量が多い人家庭は、年間数万円も安くなるのでぜひ検討しましょう!

あしたでんきと九州電力を比較(九州)

あしたでんきの九州(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)での料金を計算します。

標準プランの場合

九州電力からあしたでんきの「標準プラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
九州電力
【切替後】
あした
でんき
年間
節約額
1人59,909円57,132円-2,777円
2人97,214円93,012円-4,202円
3人113,600円104,328円-9,272円
4人121,854円108,468円-13,386円
5人136,364円118,128円-18,236円
基本料金0円
従量料金23円
(1kWhにつき)

あしたでんきは九州電力よりかなりお得で、九州でトップクラスの安さです

九州で一番高い九州電力から、早めに切り替えて節約するのがおすすめですね。

◆ 安くて安心の新電力会社 ◆

あしたでんきの申し込みはこちら

 

たっぷりプランの場合

九州電力からあしたでんきの「たっぷりプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

たっぷりプランに最適な700kWh以降で計算しています。(60アンペア契約で試算)

1ヵ月
電気
使用量
【切替前】
九州電力
(年間)
【切替後】
たっぷり
プラン
(年間)
年間
節約額
700kWh221,424円191,400円-30,024円
800kWh252,696円213,600円-39,096円
900kWh283,968円235,800円-48,168円
1000kWh315,240円258,000円-57,240円
基本料金3,000円
従量料金18.50円
(1kWhにつき)

あしたでんきの「たっぷりプラン」は1ヵ月に700kWh以上使う家庭では、九州で最安値級の料金となります。

電気の使用量が多い人家庭は、年間数万円も安くなるのでぜひ検討しましょう!

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

申し込み方法・切替の流れ

あしたでんきの申し込みのポイントは次の3つです。

  • 切替の手数料は無料!
  • 申し込みはWEBで簡単!約5分で完了
  • 今の電力会社の解約手続きは不要!申込後は開通まで待つだけ

契約時に事務手数料という形で初期費用をとる悪質な新電力も一部ありますが、あしたでんきは手数料無料なので安心して申し込みできます。

こちらの申し込みページに必要事項を入力したら、後日開通日についての連絡が来ます。今利用中の電力会社へ解約連絡は不要で、開通日になると自動で切り替わります。

つまり申し込み後は、待つだけなので簡単ですね。

 

申し込み時に必要なもの

申し込み時に必要な書類は電力会社の検針票です。

電力会社から毎月送られてくる検針票に書かれている「お客様番号」と「供給地点特定番号」という番号を申し込み時に入力します。

例えば東京電力であれば以下のような検針票です。

番号が必要なだけなので検針票は古いものでも大丈夫です。WEB検針票に切り替えている人も、もちろん番号が分かれば申し込みできますよ。

Point
  • お客様番号・供給地点特定番号を入力

 

切り替えまでの手続き・流れ

あしたでんきに申し込んだ後、開通までの流れを紹介します。

STEP.1
申し込み

こちらの申し込みページから必要事項を記入して申込みます。

5分程で申し込みは終了します。検針票の番号を間違えずに入力しましょう。

 

あしたでんきの申込ページへ

 

STEP.2
電力会社間でやり取り

申し込み完了後、現在利用中の電力会社とあしたでんきの間でお客様番号と供給地点特定番号の受け渡しが行われます。

契約中の電力会社への解約手続きは、あしたでんきが行うので連絡は不要です

STEP.3
スマートメーターの取り付け

現在全ての家庭の電力計をスマートメーターという新しいメーターへの変更が進められています。

工事は地域の大手電力会社(関東なら東京電力)が行うので、設置工事日の連絡が入ります。スマートメーターの工事費は無料で、立会いも不要です(中部地方のみ立会必要)。

工事は5分から10分くらい停電する程度なので、大きな影響はありません。

STEP.4
開通日の連絡

開通日が書かれたメールが届き、いつからあしたでんきを利用できるのか確認できます。

時期やメーター工事の有無で変わりますが、開始日の目安は申込から半月~2ヶ月以内です。

STEP.5
新電力開通

開通予定日が来ると、自動的にあしたでんきに切り替わります。

開通当日は特に停電などはなく、立会も不要。切り替わった瞬間などは分かりません。

その日から新電力に切り替わったというだけですね。

申し込み後は開通まであしたでんきが手続きを全て行うので、申し込んだら待つだけでOKです。

開通後はマイページにログインして、さまざな機能が使えるようになります。

Point
  • 申し込んだら開通まで待つだけ

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

解約・違約金

今の住所で他社へ乗り換えの場合は、あしたでんきへ解約の連絡や手続きは不要です。新しい電力会社に申し込むと自動解約されます。

引越しなど退去のため解約する場合は、解約の連絡が必須です。退去日が決まったら利用停止の連絡をしましょう。

あしたでんきを解約する時に手数料や解約金は無料です。

また申し込み後8日以内のキャンセルの場合は、クーリングオフも可能です。

Point
  • 解約時の違約金0円

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

あしたでんきのまとめ

あしたでんきは安さと安心が両立できている新電力として、利用者がどんどん増えています

申し込みはとても簡単で、公式サイトから5~10分程度で終わります。もちろんスマホからでもOK。

電気代を大きく節約できるあしたでんきを、ぜひ乗り換え先の候補に入れましょう!

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

あしたでんきでよくある質問

キャンペーン・キャッシュバック

「あしたでんき」で現在実施中のキャンペーン・キャッシュバックはありません。

実施が確認され次第、追記します。

対応エリア・地域

あしたでんきの供給エリアは関東(山梨・静岡富士川以東含む)・関西・中部・東北(新潟含む)・中国・九州です。(ただし離島は対象外)

賃貸・分譲やマンション・アパートでも契約できる?

賃貸や分譲関係なく、一軒家だけではなくマンションやアパートでも契約できます。もちろん団地や社宅でもOK。

ただし高圧一括契約のマンションの場合や、賃貸で電力会社が指定されているケースなどは切替できません。

見分け方ですが、個人名義で電力会社と契約している場合は問題なく切替できます。

支払方法

支払方法対応状況
クレジット
カード

(Visa・MasterCard・JCB・Diners・AMEX)
口座振替
引き落とし
不可
コンビニ支払不可
スマホ決済不可

あしたでんきの支払方法はクレジットカード払いとなります。

電気の質は悪くなる?停電時・災害時でも大丈夫?

電力自由化で新電力に切り替えても電気の質は同じなので、料金やサービス面で選ぶことができます。

停電時や災害時の対応はこれまで通り東電や関電など地域の旧電力会社が連絡先となり、復旧などの対応も平等です。

あしたでんきへの切替で不利になることはありません。

会社概要・問い合わせ先

電話番号
連絡先
カスタマーセンター
0120-554-247
お問い合わせフォームはこちら
【約款】
営業時間9~17時(年末年始除く)
本社住所東京都千代田区東神田1-16-7
電源構成
発電方法
日本卸電力取引所100%
売電買取は不可(太陽光の余剰電力は他社へ売電して下さい)

あしたでんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の格安プランが人気 ◆

あしたでんきで電気代を安くする

 

電力自由化記事のフッター

「電力会社の選び方」関連記事

あなたにピッタリな電力会社が分かる

電力会社ランキング
関東 
関西 
中部 
東北 
北陸 
中国 
四国 
九州 
沖縄 

合わせてガス代も節約しよう

都市ガス会社ランキング
関東 
関西 
・九州(作成中)