あしたでんきとLooopでんき(ループでんき)を徹底比較!どちらがお得?

この記事で分かること
  • あしたでんきとLooopでんきどちらが安い?
  • サービス面の違い

この記事では「あしたでんき」と「Looopでんき」を徹底比較します。

結論から言うと、あしたでんき」の方が必ず安くなり、「Looopでんき」は見劣りします

もちろん節約額だけではなく、サービス面からも比較しています。

この記事を読んで、ご自身にあった電力会社を選んで下さいね。

1年間の節約額を比較


地域を選んで下さい





東京電力エリア(関東)

東京電力から「あしたでんき」または「Looopでんき」に切り替えた場合の1年間の節約額は☟の通り

あしたでんきとLooopでんきの
料金比較(関東)
世帯
人数
あしたでんき
年間節約額
Looopでんき
年間節約額
1人-2,019-777
2人-4,584-2,562
3人-10,177-7,909
4人-14,361-12,003
5人-19,629-17,061

(安い方を水色背景)

関西電力エリア

関西電力から「あしたでんき」または「Looopでんき」に切り替えた場合の1年間の節約額は☟の通り

あしたでんきとLooopでんきの
料金比較(関西)
世帯
人数
あしたでんき
年間節約額
Looopでんき
年間節約額
1人-2,027-785
2人-9,402-7,380
3人-12,931-10,663
4人-14,222-11,864
5人-17,235-14,667

(安い方を水色背景)

中部電力エリア

中部電力から「あしたでんき」または「Looopでんき」に切り替えた場合の1年間の節約額は☟の通り

あしたでんきとLooopでんきの
料金比較(中部)
世帯
人数
あしたでんき
年間節約額
Looopでんき
年間節約額
1人-2,729-1,487
2人-3,357-1,335
3人-7,942-5,674
4人-11,756-9,398
5人-16,163-13,595

(安い方を水色背景)

東北電力エリア

東北電力から「あしたでんき」または「Looopでんき」に切り替えた場合の1年間の節約額は☟の通り

あしたでんきとLooopでんきの
料金比較(東北)
世帯
人数
あしたでんき
年間節約額
Looopでんき
年間節約額
1人-551円+691
2人-1,291+731
3人-6,778-4,510
4人-11,251-8,893
5人-16,504-13,936

(安い方を水色背景・灰色背景は高くなる)

中国電力エリア

中国電力から「あしたでんき」または「Looopでんき」に切り替えた場合の1年間の節約額は☟の通り

あしたでんきとLooopでんきの
料金比較(中国)
世帯
人数
あしたでんき
年間節約額
Looopでんき
年間節約額
1人+549+1,791
2人-5,772-3,750
3人-8,497-6,229
4人-9,495-7,137円
5人-11,821-9,253

(安い方を水色背景・灰色背景は高くなる)

九州電力エリア

九州電力から「あしたでんき」または「Looopでんき」に切り替えた場合の1年間の節約額は☟の通り

あしたでんきとLooopでんきの
料金比較(九州)
世帯
人数
あしたでんき
年間節約額
Looopでんき
年間節約額
1人-2,925-1,683
2人-4,449-2,427
3人-9,458-7,190
4人-13,517-11,159
5人-18,314-15,746

(安い方を水色背景)

どの地域でも必ずあしたでんきの方が安くなる

あしたでんき」は「Looopでんき」のプランから1kWhあたり0.5円引きとなっています。

そのため「あしたでんき」の方が必ずお得です。

毎月払うものなので、積み重ねると結構な差となります。

必ず「Looopでんき」より安くなる、「あしたでんき」の方がオススメです

 

サービス面で比較

Looopでんきはアプリで電気の使用状況を確認できる

どの新電力会社でも公式サイトのマイページ上で、日々の電気の使用状況などを確認できる便利な機能を利用できます。

「あしたでんき」の場合も、パソコンやスマートホンのブラウザからマイページで確認可能。

Looopでんき」の場合はブラウザに加えて、アプリをダウンロードすれば簡単にスマホで確認できます

サクッと確認できるという意味では、スマホアプリのある「Looopでんき」の方が少し便利ですね。

Looopでんきアプリ

Looopでんきアプリ

無料posted withアプリーチ

 

Looopでんきには駆けつけサービスがある(関東のみ)

Looopでんき」の場合は、駆けつけサービスがあります。(東京電力エリアのみ)

主に☟のトラブル時に連絡すると、無料で駆けつけてくれます。

  • ブレーカーがよく落ちる
  • 停電してしまった
  • コンセントが焦げ臭い
補足

電気の使いすぎでブレーカーが落ちた場合は、ブレーカーを上げるだけなので利用する必要はありません。

60分以内の基本作業量が無料で、部品代や特殊な工事は別料金となります。

残念ながら、「あしたでんき」には駆けつけサービスはありません。

ただし絶対に必要なサービスで、利用する機会が少ないことのも事実です。

おまけ程度のサービスと思っておくといいですよ。

 

あしたでんきの方が有利

安いのは「あしたでんき」で、サービス面でやや優れるのは「Looopでんき」です。

ただしサービス面での違いはわずかで、利用する上ではほぼ差がありません。

「あしたでんき」の方がおすすめと言えますね

 

電力自由化記事のフッター

「電力会社の選び方」関連記事

あなたにピッタリな電力会社が分かる

電力会社ランキング
関東 
関西 
中部 
東北 
北陸 
中国 
四国 
九州 
沖縄 

合わせてガス代も節約しよう

都市ガス会社ランキング
関東 
関西 
・九州(作成中)

コメントを残す