楽天でんきとENEOSでんきを徹底比較!電気料金とサービス面を検証するよ

楽天でんき ENEOSでんき 比較

この記事で分かること
  • 楽天でんきとENEOSでんきの料金比較
  • 楽天でんきの方が優れている点
  • ENEOSでんきの方が優れている点

楽天でんきは料金が安く、さらに楽天ポイントが貯まる人気の電力会社です。

ENEOSでんきも料金がお得で、Tポイント還元やガソリン割引が人気ですよね。

どちらも選べる人は、迷ってしまいますよね。

そこで今回は徹底比較して、あなたの場合にどちらがおすすめかを解説します。

楽天とENEOSでんきの料金プランを確認

それぞれの一般家庭向けの料金プランは☟のとおり。

(スマホの場合は右にスライド⇒)

電力会社プラン名・特徴
楽天でんきプランS
ENEOSでんき
(関東)
Vプラン
2年とく²割なし
違約金なし
Vプラン
2年とく²割あり
2年縛り
違約金あり
ENEOSでんき
(関西)
Aプラン
2年とく²割なし
違約金なし
Aプラン
2年とく²割あり
2年縛り
違約金あり

ENEOSでんきは「2年とく²割」というオプションをつけることも可能

契約が2年縛りになる変わりに、料金が少し安くなります。

「2年とく²割」は更新月以外の解約時に違約金(1,080円)が発生するので、つけない人も多いです。

 

ポイント還元率は同じ

どちらもポイント還元で人気なので、確認しておきましょう。

(スマホの場合は右にスライド⇒)

電力会社貯まるポイント還元率
楽天でんき楽天ポイント0.5%還元
200円につき1P
ENEOSでんきTポイント0.5%還元
200円につき1P

貯まるポイントの種類は違いますが、どちらも還元率は同じです

この後の料金比較であまり差がない人なら、普段よく使うポイントで選ぶこともできますね。

 

楽天とENEOSでんきの料金を比較

楽天でんきまたはENEOSでんきに切り替えた場合の、節約額を比較します。(山梨・静岡東部は関東に含む)











関東関西

関東の場合

東京電力から楽天でんき・ENEOSでんきに切り替えた場合の、1年間の節約額の目安は以下の通りです。

補足

楽天・ENEOSはどちらもポイント還元額を引いた実質の料金で計算。

(スマホの場合は右にスライド⇒)

電力会社
プラン
1年間の節約額目安(上段)
関東での順位(下段)
1人世帯2人世帯3人世帯4人世帯5人世帯
楽天でんき
Sプラン
-1,099円-3,087円-8,498円-12,616円-17,728円

ENEOSでんき
Vプラン
2年とく²割なし
-2,310円-6,529円-8,710円-9,519円-11,384円

ENEOSでんき
Vプラン
2年とく²割あり
-2,805円-7,334円-9,613円-10,457円-12,406円

(水色背景は関東の節約額上位)

1人~2人暮らしではENEOSでんきがお得で、人数が多くなる(電気の使用量が多くなる)と楽天でんきがお得ですね

ちなみに上記は平均値から計算しているので、もっと正確に知りたい人は☟の記事で料金を確認できます。

関西の場合

関西電力から楽天でんき・ENEOSでんきに切り替えた場合の、1年間の節約額の目安は以下の通りです。

補足

楽天・ENEOSはどちらもポイント還元額を引いた実質の料金で計算。

(スマホの場合は右にスライド⇒)

プラン1年間の節約額目安(上段)
関西での順位(下段)
1人世帯2人世帯3人世帯4人世帯5人世帯
楽天でんき
Sプラン
-1,058円-7,824円-11,161円-12,382円-15,231円

ENEOSでんき
関西Aプラン
2年とく²割なし
-2,620円-5,750円-6,976円-7,426円-8,473円

ENEOSでんき
関西Aプラン
2年とく²割あり
-3,078円-6,519円-7,844円-8,329円-9,460円

(水色背景は関西の節約額上位)

1人暮らしではENEOSでんきがお得で、ファミリーでは楽天でんきの方が安くなりますね

ちなみに上記は平均値から計算しているので、もっと正確に知りたい人は☟の記事で確認できます。

 

楽天でんきの方が優れている点

ポイントを支払いに利用できる

楽天でんきとENEOSでんきはそれぞれ貯まるポイントは楽天ポイントとTポイントと違いますが、還元率自体は0.5%(200円につき1P)と同じ

ですが楽天でんきではポイントを支払いに使えるので、便利さでENEOSを上回ります。(ENEOSでんきではTポイントは貯まるだけなので、あくまでも他のサービスで使う)

楽天でんきも含めた様々な楽天のサービスで貯まったポイントを、電気代の支払いに自動で使ってくれます。

ポイントを使えば、支払う電気料金を減らすことができるというわけですね。

Point
  • 支払いに楽天ポイントを使える

 

期間限定ポイントを利用できる

楽天でんきは期間限定ポイントを使える

楽天でんきでは電気料金の支払いに、期間限定ポイントも使えます

電気代は毎月発生するので実は期間限定ポイントの消費に最適。

楽天でんきを利用する人は、期間限定ポイントの使い道で困ることがなくなりますよ

Point
  • 期間限定ポイントを支払いに使える

 

キャンペーンで2,000ポイントもらえる

楽天でんきは新規申し込みで、楽天スーパーポイントが2,000円分もらえます

しかも期間限定ポイントではなく通常ポイントなので、あわてて使う必要はないのも地味にうれしいです。

ポイントをもらう条件は4ヶ月以上契約することだけ。ポイントをもらう前に解約しないよう注意しましょう。

補足

キャンペーンのポイントは、利用開始4ヶ月後の月末にもらえます。

例えば12月に切替えた場合は、翌年3月末にポイントが付与されますよ。

Point
  • 2,000ポイントもらえる
  • 条件は4ヶ月以上契約すること

◆電気代で楽天ポイントが貯まる◆

楽天でんきの申し込みはこちら

 

ENEOSでんきの方が優れている点

口座振替で支払いできる

クレジットカードを利用しない人は、口座振替できる電力会社を選ぶことになりますよね。

楽天でんきの場合はクレジットカード払いが必須。

ENEOSでんきはクレジットカードと口座振替の両方に対応しています

Point
  • 口座振替を希望ならENEOSでんき

 

20アンペア以下の契約が可能

補足

関西では関係のない内容です。

まれに20アンペア(A)以下で電力会社と契約している場合があります。

楽天でんきは30A以上の人のみ契約可能。

ENEOSでんきは20A以下でも契約できるので、電気の使用量が少ない人でも節約できます

補足

契約アンペアは電力会社の検針票や、自宅のブレーカーに書いてあります。

Point
  • 20A以下契約の人はENEOSでんきがおすすめ

 

ガソリン割引が可能

ENEOSでんきでのガソリン割引

ENEOSでんきを利用すると、ENEOSのガソリンを割引することができます。

割引する条件はクレジットカードの「ENEOSカード」で、ENEOSでんきの支払いをすること

ENEOSでガソリン・軽油・灯油が1円/L割引となります。(1ヶ月最大150Lまで)

さらにENEOSカードには無料でロードサービスがつくので、JAF代の年間4千円も節約できます。

ENEOSでんきを利用する人は、ENEOSカードの発行を検討するといいですね。

補足
ENEOSカードで支払うと、Tポイントを貯めることはできません。Tポイントを貯めるか、ガソリン割引のどちらかを選ぶことになるということですね。
Point
  • ガソリン・軽油・灯油の割引可

◆ガソリン割引を利用する人は必須◆

ENEOSカードの申し込みはこちら

 

駆けつけサービスがある

ENEOSでんきを契約すると、電気のトラブル時に「電気の困った!駆けつけサービス」を無料で受けることができます

「電気の困った!駆けつけサービス」の連絡先は☟のとおり。

ENEOSでんきカスタマーセンター

【フリーダイヤル】0120-15-8704

【IP電話から】03-6627-1763

365日・24時間電話受付可能で、電気のトラブルから電球交換などの細かいサービスまで受け付けています。(電球交換は年3回まで無料、電球を事前に用意する必要あり)

何かあった時に頼れるサービスが無料であるのはうれしいですね。

下記は別料金
  • 特殊作業が必要な60分を超える作業
  • 部品交換が発生する時の部品代と作業
  • 高所(2.5m以上)での電球交換

 

都市ガスとまとめることができる

関東で東京ガスの都市ガスを利用している人は、ENEOSガスに切り替えることができます。(一部エリアを除く)

つまりENEOSで電気・ガスをまとめることが可能。

まとめても割引はないのですが、ENEOSの都市ガス料金も安いので切替のメリットがあります

◆関東でお得な都市ガス料金◆

ENEOSガスの申し込みはこちら

 

ちなみに楽天でんきの場合はガス契約はないので、関東の人なら都市ガス最安値の「レモンガス」との組合せがおすすめ!

東京ガスからレモンガスへ切り替えると、都市ガス代を最安値にできます。

◆東京ガスエリア人気No.1◆

レモンガスの申し込みはこちら

 

プロパンガスの利用者または関西で「大阪ガス」の都市ガスを利用している人も、もちろんガス会社の切替で節約できます

詳しくは☟の記事で解説していますよ。

◆ポイント還元・サービスも充実◆

ENEOSでんきの申し込みはこちら

 

楽天とENEOSでんきどちらにすべきか?

料金プランは楽天でんきがファミリー向け、ENEOSでんきが少人数世帯向けとなります

ポイントの使い道では楽天でんきが便利。

ENEOSでんきはガソリン割引と駆けつけサービスがあります。

料金面とサービス面の両方から、あなた自身に合う方を選びましょう。

 

電力自由化記事のフッター

「電力会社の選び方」関連記事

あなたにピッタリな電力会社が分かる

電力会社ランキング
関東 
関西 
中部 
東北 
北陸 
中国 
四国 
九州 
沖縄 

合わせてガス代も節約しよう

都市ガス会社ランキング
関東 
関西 
・九州(作成中)