ENEOSでんきの評判・口コミからデメリットが発覚!キャンペーン・セット割も解説

ENEOSでんき評判・口コミを徹底調査!【メリット・デメリット・キャンペーン・ポイント還元・セット割も解説】関東・関西の料金は安いor高い?

ENEOSでんきはガソリンスタンドのENEOSなどを展開するJXTGエネルギーが運営する大手の新電力会社です。

特に1人暮らしや2人暮らしで電気料金が安く、Tポイント還元やガソリン割引などサービス面も充実していますよね。

ですがファミリーではお得度が下がるなど、人気のENEOSでんきにもデメリットはあります。

実際に利用している人の口コミを確認して、具体的な注意点を契約前にチェックしておきましょう。

 

人気No.1の電力会社

あしたでんき

ファミリーでENEOSでんきより数倍節約できる今注目の新電力会社!

最安値で人気No.1!

◆ 今契約したい新電力No.1 ◆

あしたでんきの詳細はこちら

利用者の口コミを見る

ENEOSでんきの評判・口コミ

ENEOSでんきの評判・口コミ

ENEOSでんきの口コミを、評判の良い・悪い内容の両面から紹介します。

当サイトへの投稿やTwitter・知恵袋などから参考になりそうなものを厳選しています。

料金の口コミ

  • 東京電力からENEOSに変えたら同じ電気量使ってても、東電と比較して2万円も安くなった!使い方変わらずに節約って素晴らしい。
  • 電力会社を東京電力からENEOSでんきへ変更。Tポイントもたまるし、今月の電気代は東電の時と比べて3000円下がりました。
  • ENEOSでんきも検討したけど、料金プランは1人暮らし向けですね。ファミリーならLooopでんきとかあしたでんきの方が比較すると数倍安いので、あえてENEOSでんきを選ぶ理由はありませんね。
    当サイトへの投稿
  • ENEOSでんきにかえて1年が経ったところです。少し安くなったのかなぁ。同時にENEOSカードに代えたので、ガソリンも少し安く入れられます。
  • 中部電力からENEOSでんきに切り替えようと考えていましたが、こちらのサイトで紹介されていた自然電力にした方がかなり安くできました。ENEOSがダメではないですが、中部地方の人は自然電力が安すぎるのに気が付いていない人って多いんですね。
    当サイトへの投稿

ENEOSでんきを選んだ人の料金面での評価は比較的高いです。

特に1人暮らしでは様々な新電力の中でトップクラスの安さとなる点が高評価となっています。

逆に電気の使用量が多くなるファミリーでは、他の新電力の方がかなり安いとの口コミも多いです。

人気のLooopでんきあしたでんき自然電力などのファミリーで電気代がほぼ最安値になる新電力と比べると、ENEOSでんきの料金は見劣りするので事前に料金面とサービス面を比較しておいてもいいですね。

 

ENEOSでんきのメリット

ENEOSでんきのメリットやおすすめな点は次の3つです。

ENEOSでんきのメリット
  1. Tポイントが貯まる
  2. ガソリンの割引が可能
  3. 提携カードのマイル・ポイント還元がUP
  4. 駆けつけサービスがある

これらのサービスで評価されているのが、auでんきの特徴です。

Tポイントが貯まる

ENEOSでんきのTポイント還元

ENEOSでんきでは、Tポイントが電気料金200円につき1ポイント還元されます。(還元率0.5%)

電気代が安くなって、Tポイントも貯まるのでお得ですね。

ただし電気代の支払にTポイントを使えません。Tポイントの使い道がある人なら、その分お得ということですね。

ちなみに、Tポイントを貯めるためには、ENEOSでんきに切り替わった後に手続きが必要です

Point
  • Tポイントが0.5%還元

 

ガソリンの割引が可能

ENEOSでんきでのガソリン割引

ENEOSでんきを利用すると、ENEOSのガソリンを割引することができます。

割引する条件はクレジットカードの「ENEOSカード」で、ENEOSでんきの支払いをすること

ENEOSのガソリンスタンドでガソリン・軽油・灯油が1円/L割引となります。(1ヶ月最大150Lまで)

さらにENEOSカードには無料でロードサービスがつくので、JAF代の年間4千円も節約できます。

ENEOSでんきを利用する人は、「ENEOSカード」の発行を検討するといいですね。

補足
ENEOSカードで支払うと、Tポイントを貯めることはできません。Tポイントを貯めるか、ガソリン割引のどちらかを選ぶことになるということですね。

◆ガソリン割引を利用する人は必須◆

ENEOSカードの申し込みはこちら

Point
  • ENEOSカードで支払うとガソリン割引

 

提携カードのマイル・ポイント還元がUP

ENEOSでんきと提携しているクレジットカードで支払うと、通常よりクレジットカードのマイル・ポイント還元額が増えます。

☟が提携カードと優遇内容です。

(スマホの場合は右にスワイプ⇒)

提携カード優遇内容
ANAカード200円につき1マイル
提携カード通常優遇内容
ビューカード1,000円につき
5ポイント
1,000円につき
10ポイント
エポスカード200円につき
1ポイント
200円につき
2ポイント
エポスゴールドカード
エポスプラチナカード
200円につき
1ポイント
200円につき
4ポイント
エムアイカード200円につき
1ポイント
100円につき
1ポイント
ティーエス
キュービックカード
1,000円につき
10ポイント
1,000円につき
15ポイント
レクサスカード1,000円につき
10ポイント
1,000円につき
15ポイント

ENEOSでんきの支払い分ポイントがUPするので、持っているカードがあれば利用してもいいですね。

ただし、これらのカードで支払うとTポイントはもらえません

提携カードのポイントか、Tポイントを選ぶということですね。

Point
  • 携クレジットカードの優遇あり

 

駆けつけサービスがある

ENEOSでんきの駆けつけサービス

ENEOSでんきを契約すると、電気のトラブル時に「電気の困った!駆けつけサービス」を無料で受けることができます

「電気の困った!駆けつけサービス」の連絡先は☟のとおり。

ENEOSでんきカスタマーセンター

【フリーダイヤル】0120-15-8704

【IP電話から】03-6627-1763

365日・24時間電話受付可能で、電気のトラブルから電球交換などの細かいサービスまで受け付けています。(電球交換は年3回まで無料、電球を事前に用意する必要あり)

何かあった時に頼れるサービスが無料であるのはうれしいですね。

下記は別料金
  • 特殊作業が必要な60分を超える作業
  • 部品交換が発生する時の部品代と作業
  • 高所(2.5m以上)での電球交換
Point
  • 駆けつけサービスがある

 

ENEOSでんきのデメリット

人気のENEOSでんきですが、もちろんデメリットもあります。

主な注意点は、次の2つです。

ENEOSでんきのデメリット
  1. ファミリーではお得度が下がる
  2. オール電化プランがない

ファミリーではお得度が下がる

ENEOSでんきは他の人気の新電力と比べると、電気の使用量が多くなるファミリーではやや見劣りします。

もちろん東京電力・関西電力・中部電力などの地域の電力会社よりは安くはなりますが、さらにお得な新電力会社があるということですね。

例えば関東で人気の「エルピオでんき」と比べてみます。

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
東京電力
従量電灯B
【切替後】
ENEOSでんき
Vプラン
【参考】
エルピオでんき
スタンダードプランS
1人66,568円64,542円
年間-2,026円
64,780円
年間-1,788円
2人109,693円103,871円
年間-5,822円
101,928円
年間-7,765円
3人128,165円120,403円
年間-7,762円
114,046円
年間-14,119円
4人137,100円128,055円
年間-9,045円
121,775円
年間-15,325円
5人153,371円142,499円
年間-10,872円
134,055円
年間-19,316円

このように2人暮らし以上だと今回例に出したエルピオでんきの方がかなり安くなりますね。

ENEOSでんきは1人暮らしではかなりお得ですが、2人暮らし以上をやや苦手としています。

該当する人はこちらから、あなた自身に合ったお得な新電力を探すのもおすすめです。

Point
  • ファミリーではややお得度が下がる

 

オール電化プランがない

ENEOSでんきに限らず、多くの新電力ではオール電化に対応した料金プランはありません

オール電化の人は、夜間の料金が安い特殊な料金プランに加入しています。

電気代のお得な深夜に電気の使用量を多くして、電気代を安くしているというわけですね。

オール電化を利用している人でもENEOSでんきを契約できますが、夜間の電気代が上がるので逆に高くなる可能性もあります。

新電力の中にはオール電化に対応した料金プランを出している会社もあるので、そちらを検討しましょう

Point
  • オール電化プランがない

 

ENEOSでんきの料金プラン

ENEOSでんきはエリアによってプランの名前が変わります。

一般家庭向け

東京電力・中部電力・東北電力・北陸電力・九州電力の一般家庭向けのプラン「従量電灯B」、関西電力・四国電力の一般家庭向けプラン「従量電灯A」に相当する料金メニューは次のとおりです。

地域プラン名
東京電力エリアVプラン
関西電力エリア関西Aプラン
中部電力エリア中部Bプラン
東北電力エリア東北Bプラン
北陸電力エリア北陸Bプラン
四国電力エリア四国Aプラン
九州電力エリア九州Bプラン

 

大家族・商店向け

東京電力・中部電力・東北電力・北陸電力・九州電力の大容量プラン「従量電灯C」、関西電力・四国電力の大容量プラン「従量電灯B」に相当する料金メニューは次のとおりです。

地域プラン名
東京電力エリアVプラン
関西電力エリア関西Bプラン
中部電力エリア中部Cプラン
東北電力エリア東北Cプラン
北陸電力エリア北陸Cプラン
四国電力エリア四国Bプラン
九州電力エリア九州Cプラン

 

2年とく²割

ENEOSでんきでは2年契約の「2年とく²割」をつけると、電気の使用量0.1kWhごとに0.2円の割引が適用されます。(3年目以降は0.3円引き)できます。

「2年とく²割」は2年契約の更新時以外に解約すると、違約金1,080円(税込)がかかります

例えば3月に契約すると以降2年ごとの更新月(1月〜2月)は解約手数料がかかりません。

ENEOSでんきの2年とくとく割

「2年とく²割」をつけて少しでも安くするか、つけずにいつでも他社に乗り換えできる方がいいのかお好みで決めましょう。

 

ENEOSでんきの料金を比較

ENEOSでんきの電気料金がいくらになり、どれくらいお得になるのか比較します。

1人暮らし・2人暮らし・3人暮らし・4人暮らし・5人暮らしの平均の電気使用量から、電気代をシミュレーションしています。

切り替えた場合にどれくらい節約できるのか、具体的な電気料金の見積もり価格を確認しておきましょう。


地域を選んで下さい

ENEOSでんきと東京電力を比較(関東)

ENEOSでんきの関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・山梨・静岡富士川以東)での料金を計算します。

東京電力(TEPCO)からENEOSでんきの「Vプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

2年とく²割なしの場合

世帯
人数
【切替前】
東京電力
従量電灯B
(年間)
【切替後】
ENEOS
Vプラン
(年間)
年間
節約額
1人66,568円64,542円-2,026円
2人109,693円103,871円-5,822円
3人128,165円120,403円-7,762円
4人137,100円128,055円-9,045円
5人153,371円142,499円-10,872円

2年とく²割ありの場合

世帯
人数
【切替前】
東京電力
従量電灯B
(年間)
【切替後】
ENEOS
Vプラン
2年特割有
(年間)
年間
節約額
1人66,568円64,046円-2,522円
2人109,693円103,062円-6,631円
3人128,165円119,496円-8,669円
4人137,100円127,111円-9,989円
5人153,371円141,472円-11.899円

ENEOSでんきは東京電力より電気代が安くなり、特に1人暮らし・2人暮らしでは関東トップクラスの安さとなります

関東で一番高い東京電力から、早めに切り替えて節約したいですね。

ただし3人以上の世帯ではもっと電気代の安い電力会社が複数あるので、関東のお得な新電力から選ぶのもおすすめです。

ENEOSでんきと関西電力を比較(関西)

ENEOSでんきの関西(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)での料金を計算します。

関西電力からENEOSでんきの「関西Aプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

2年とく²割なしの場合

世帯
人数
【切替前】
関西電力
従量電灯A
(年間)
【切替後】
ENEOS
Aプラン
(年間)
年間
節約額
1人56,630円54,056円-2,574円
2人98,428円92,728円-5,700円
3人112,838円105,913円-6,925円
4人118,111円110,737円-7,374円
5人130,412円121,993円-8,419円

2年とく²割ありの場合

世帯
人数
【切替前】
関西電力
従量電灯A
(年間)
【切替後】
ENEOS
Aプラン
2年特割有
(年間)
年間
節約額
1人56,630円53,595円-3,035円
2人98,428円91,955円-6,473円
3人112,838円105,042円-7,796円
4人118,111円109,830円-8,281円
5人130,412円121,002円-9,410円

ENEOSでんきは関西電力より電気代が安くなり、特に1人暮らしでは関西トップクラスの安さとなります

関西で一番高い関西電力から、早めに切り替えて節約したいですね。

ただし2人以上の世帯ではもっと電気代の安い電力会社が複数あるので、関西のお得な新電力から選ぶのもおすすめです。

ENEOSでんきと中部電力を比較(中部)

ENEOSでんきの中部(愛知・岐阜・三重・長野・静岡富士川以西)での料金を計算します。

中部電力からENEOSでんきの「中部Bプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

2年とく²割なしの場合

世帯
人数
【切替前】
中部電力
(年間)
【切替後】
ENEOS
Bプラン
(年間)
年間
節約額
1人67,300円66,179円-1,121円
2人108,452円105,584円-2,868円
3人125,901円122,049円-3,852円
4人134,462円130,250円-4,212円
5人149,859円144,807円-5,052円

2年とく²割ありの場合

世帯
人数
【切替前】
中部電力
(年間)
【切替後】
ENEOS
Bプラン
2年特割有
(年間)
年間
節約額
1人67,300円65,683円-1,617円
2人108,452円104,775円-3,677円
3人125,901円121,142円-4,759円
4人134,462円129,306円-5,156円
5人149,859円143,780円-6,079円

ENEOSでんきは中部電力より電気代が安くなり、1人暮らしでは中部で比較的お得な新電力となります

ですが中部には圧倒的にお得な自然電力があり、ENEOSでんきの何倍も節約可能です。

特にENEOSでんきこだわりがなければ、中部の人は自然電力を選んでおきましょう。

ENEOSでんきと東北電力を比較(東北)

ENEOSでんきの東北(宮城・山形・福島・岩手・秋田・青森・新潟)での料金を計算します。

東北電力からENEOSでんきの「東北Bプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

2年とく²割なしの場合

世帯
人数
【切替前】
東北電力
従量電灯B
(年間)
【切替後】
ENEOS
Bプラン
(年間)
年間
節約額
1人65,079円63,852円-1,227円
2人106,348円103,206円-3,142円
3人124,714円120,563円-4,151円
4人133,944円129,424円-4,520円
5人150,202円144,821円-5,381円

2年とく²割ありの場合

世帯
人数
【切替前】
東北電力
従量電灯B
(年間)
【切替後】
ENEOS
Bプラン
2年特割有
(年間)
年間
節約額
1人65,079円63,355円-1,724円
2人106,348円102,397円-3,951円
3人124,714円119,656円-5,058円
4人133,944円128,481円-5,463円
5人150,202円143,794円-6,408円

ENEOSでんきは東北電力より電気代が安くなり、特に1人暮らし・2人暮らしでは東北トップクラスの安さとなります

東北で一番高い東北電力から、早めに切り替えて節約したいですね。

ただし3人以上の世帯ではもっと電気代の安い電力会社が複数あるので、東北のお得な新電力から選ぶのもおすすめです。

ENEOSでんきと北陸電力を比較(北陸)

ENEOSでんきの北陸(石川・富山・福井)での料金を計算します。

北陸電力からENEOSでんきの「北陸Bプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

2年とく²割なしの場合

世帯
人数
【切替前】
北陸電力
従量電灯B
(年間)
【切替後】
ENEOS
Bプラン
(年間)
年間
節約額
1人57,112円56,039円-1,073円
2人91,786円89,060円-2,726円
3人106,227円102,636円-3,591円
4人113,352円109,444円-3,908円
5人126,105円121,458円-4,647円

2年とく²割ありの場合

世帯
人数
【切替前】
北陸電力
従量電灯B
(年間)
【切替後】
ENEOS
Bプラン
2年特割有
(年間)
年間
節約額
1人57,112円55,542円-1,570円
2人91,786円88,251円-3,535円
3人106,227円101,729円-4,498円
4人113,352円108,501円-4,851円
5人126,105円120,431円-5,674円

ENEOSでんきは北陸電力より電気代が安くなり、特に1人暮らしでは北陸でもお得な新電力となります

北陸で一番高い北陸電力から、早めに切り替えて節約したいですね。

ただし2人以上の世帯ではもっと電気代の安い電力会社が複数あるので、北陸のお得な新電力から選ぶのもおすすめです。

ENEOSでんきと四国電力を比較(四国)

ENEOSでんきの四国(香川・徳島・愛媛・高知)での料金を計算します。

四国電力からENEOSでんきの「四国Aプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

2年とく²割なしの場合

世帯
人数
【切替前】
四国電力
従量電灯A
(年間)
【切替後】
ENEOS
Aプラン
(年間)
年間
節約額
1人59,758円58,628円-1,130円
2人103,421円99,946円-3,475円
3人118,427円113,678円-4,749円
4人123,917円118,702円-5,215円
5人136,727円130,424円-6,303円

2年とく²割ありの場合

世帯
人数
【切替前】
四国電力
従量電灯A
(年間)
【切替後】
ENEOS
Aプラン
2年特割有
(年間)
年間
節約額
1人59,758円58,157円-1,601円
2人103,421円99,164円-4,257円
3人118,427円112,797円-5,630円
4人123,917円117,785円-6,132円
5人136,727円129,423円-7,304円

ENEOSでんきは四国電力より電気代が安くなり、特に1人暮らしでは四国トップクラスの安さとなります

四国で一番高い四国電力から、早めに切り替えて節約したいですね。

ただし2人以上の世帯ではもっと電気代の安い電力会社が複数あるので、四国のお得な新電力から選ぶのもおすすめです。

ENEOSでんきと九州電力を比較(九州)

ENEOSでんきの九州(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)での料金を計算します。

九州電力からENEOSでんきの「九州Bプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

2年とく²割なしの場合

世帯
人数
【切替前】
九州電力
従量電灯B
(年間)
【切替後】
ENEOS
Bプラン
(年間)
年間
節約額
1人59,909円58,804円-1,105円
2人97,214円94,277円-2,937円
3人113,600円109,635円-3,965円
4人121,854円117,513円-4,341円
5人136,364円131,145円-5,219円

2年とく²割ありの場合

世帯
人数
【切替前】
九州電力
従量電灯B
(年間)
【切替後】
ENEOS
Bプラン
2年特割有
(年間)
年間
節約額
1人59,909円58,307円-1,602円
2人97,214円93,469円-3,745円
3人113,600円108,727円-4,873円
4人121,854円116,570円-5,284円
5人136,364円130,117円-6,247円

ENEOSでんきは九州電力より電気代が安くなります

九州で一番高い九州電力から、早めに切り替えて節約したいですね。

ただし九州ではもっと電気代の安い電力会社が複数あるので、九州のお得な新電力から選ぶのもおすすめです。

 

キャンペーン・キャッシュバック特典

ENEOSでんきのキャッシュバック

ENEOSでんきのキャンペーン

ENEOSでんきを北陸と九州で新規契約すると、基本料金が3か月無料になります。

期間2020年5月31日まで
特典基本料金3か月無料
エリア北陸・九州のみ
対象プラン・北陸Bプラン
・北陸Cプラン
・九州Bプラン
・九州Cプラン

電気代が3か月無料なのではなく、あくまでも基本料金が3か月無料になります。

例えば九州で30Aの人なら基本料金は月891円なので、2,673円が無料になるということですね。

 

ENEOSでんき利用者に
おすすめのガス会社の選び方

「ENEOSでんき」を契約したら電気代を節約できますが、合わせてガス代を節約したいですよね。

今利用中のガス会社によって、お得な切替先が変わるので順番に解説します。

東京ガスの都市ガス利用者(東京・神奈川・埼玉限定)

関東では東京電力(電気)+東京ガス(都市ガス)の組み合わせが、最高値の組み合わせ。

電気を東京電力から「ENEOSでんき」に切り替えたら、都市ガスを「レモンガス」を利用するとガス代も節約できます

「レモンガス」は関東の都市ガス会社の中でガス代が最安値。

「ENEOSでんき」と合わせて契約することで、電気代とガス代の両方をかなり節約できます。

なお、当サイトよりレモンガスに申し込むと初月のガス代3,000円割引の特典を受けることができます!

◆関東最安値の都市ガス会社!◆

レモンガスの申し込みはこちら

Point
  • 東京ガス利用者はレモンガスがお得

 

その他のガス会社を利用中の人はガスチョイスがおすすめ

その他の都市ガスやプロパンガスを利用している人は、お住まいの地域でお得なガス会社が変わります。

そこで便利なのが「ガスチョイス」というサービス

ガスチョイス」なら地域のお得なガス会社を無料で探してくれます。(都市ガス・プロパンどちらも対応)

しかも当サイトから申し込むと、3,000円~30,000円のキャッシュバックつき!(電話申込がキャッシュバック対象外)

無料なので一度WEBで見積もりを取ってみるといいですよ。

◆お得なガス会社に無料で切替!◆

ガスチョイスはこちら

Point

 

ENEOSでんきの基本情報

初期費用

電力会社の正しい選び方」でも解説していますが、電力自由化に初期費用というものは存在しません。

ですが、一部電力会社では契約事務手数料という名目で初期費用を設定しています

本来なら支払う必要のない費用なので、初期費用が0円の電力会社であることを確認することが重要。

「ENEOSでんき」の場合は初期費用0円で始められるので、安心できる電力会社です

Point
  • 初期費用は0円

 

解約時の違約金

電力自由化では解約時の違約金は0円が基本です

ですが中には解約時に高い違約金を設定している電力会社もあり、注意が必要です。

そのような会社と契約してしまうと、引越しのたびに違約金が発生したり、気軽に他のお得な電力会社に切替できませんよね。

「ENEOSでんき」の通常プランは解約時の違約金が無料です。いつでも0円で解約可能なので、違約金については安心できます。

Point
  • 通常プランの違約金は0円

 

2年とく²割にすると違約金はあるがお得になる

「ENEOSでんき」には通常プランに「2年とく²割」という割引オプションをつけることができます。

契約がスマホのような2年縛りになり、2年契約の更新月以外に解約すると違約金が1,080円かかります

「2年とく²割」にした場合の割引は☟のとおり。

契約~2年目3年目以降
1kWhあたり
0.2円割引
1kWhあたり
0.3円割引

具体的な割引額の目安ですが、「2年とく²割」をつけた場合は1年間の電気代が500円~1,000円安くなります

「2年とく²割」をつけて電気代を安くするか、つけずにいつでも電力会社を自由に変更できる通常プランを選ぶかはお好み。

個人的にはスマホと違い違約金が安いので、「ENEOSでんき」がほぼ最安値の人なら検討する価値アリです

Point
  • 「2年とく²割」は違約金1,080円

 

電気料金の支払い方法

「ENEOSでんき」の支払い方法は☟の2つから選べます。

  • クレジットカード
    (VISA・MasterCard・JCB・アメックス・ダイナース)
  • 口座振替

まず前提として電気料金の支払いにはクレジットカードがおすすめです

Yahoo! JAPANカード」や「ENEOSカード」で支払うとポイント還元やガソリン割引が便利ですし、ポイント還元率の高いクレジットカードを利用してもいいですよね。

毎月発生する電気代のような固定費は、クレカ払いにしてポイントを貯めるのが節約の基本ですよね。

できるだけお得なクレジットカードを利用しましょう。

Point
  • 支払い方法はクレジットカードまたは口座振替

 

ENEOSでんきのまとめ

「ENEOSでんき」は関東の少人数世帯・関西の1人暮らし・中部の少人数世帯で、電気料金がトップクラスの安さでおすすめ

ポイント還元やガソリン割引の特典もお得で、駆けつけサービスも安心できますね。

「ENEOSでんき」の申し込みは公式サイトから5~10分程度で完了します。もちろんスマホからでもOK。

申し込んだら、あとは開通まで待つだけ。

とても簡単に切り替えできて、電気代が安くなるおすすめな電力会社ですよ。

 

電力自由化記事のフッター

「電力会社の選び方」関連記事

あなたにピッタリな電力会社が分かる

電力会社ランキング
関東 
関西 
中部 
東北 
北陸 
中国 
四国 
九州 
沖縄 

合わせてガス代も節約しよう

都市ガス会社ランキング
関東 
関西 
・九州(作成中)