Kiigoのnanacoチャージはクレジットカードの還元が最大になる方法!

ぴよねこ

こんにちは!

お得術ブロガーのぴよねこです。(Twitterもやってます

税金や公共料金をクレジットカードでチャージしたnanacoでセブンイレブンで支払う方法は人気ですよね!

税金や公共料金の支払いではnanacoポイントはたまりません。

ですがnanacoへのチャージに利用したクレジットカードのポイントが貯まるので、税金や公共料金の支払いでもクレカのポイント還元を受けられる貴重な方法です。

ところがnanacoチャージによる還元は改悪が続いていて、最近では恩恵が少なくなっています。

現在はクレジットカードでnanacoへチャージする方法は最強ではありません

注意
クレジットカードからnanacoへチャージして、クレカの還元を受ける方法が多くのブログで紹介されています。ですが、一番得する方法ではなく古い情報なので注意して下さい!

今回紹介するのは「Kiigo」というサイトでnanacoギフトコードを買う方法。

Kiigoからnanacoチャージをするとクレジットカードの還元を受けられます

例えば「楽天カードは普通にnanacoチャージすると、還元率は0%です。

ところがKiigo ⇒ nanacoルートを利用すると、「楽天カード」の還元率は基本還元率の1%になります。

ぴよねこ

Kiigo ⇒ nanacoルートは税金や公共料金の支払いでも、クレジットカードのポイント還元を受けられる最強の方法です!

Kiigoでnanacoチャージはクレジットカードの還元が最大になる方法!

nanacoチャージの還元率は改悪続き

「クレジットカード ⇒ nanacoルート」は改悪が続いていて、nanacoチャージの場合のクレジットカードの還元率が下がる傾向があります。

現在では、nanacoチャージの場合には還元率0%のクレジットカードも増えています。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード

クレジットカード国際ブランド年会費nanacoチャージでの
還元率
リクルートカードVISA/JCB/MasterCard無料1.2%
(上限月3万円)
Yahoo! JAPANカード VISA/JCB/Mastercard無料0.5%
セブンカード・プラスVISA/JCB初年度無料・2年目以降500円
(年間5万円以上利用で無料)
0.5%
JMBローソンPontaカードVisa無料0.5%
ファミマTカードJCB無料0.5%

「クレジットカード ⇒ nanacoルート」で最強なのは、還元率1.2%の「リクルートカード」です。

ですがポイント還元の上限が月に3万円という問題あり。(3万円を超えた分は還元率0%)

nanacoの上限である5万円を利用したい場合には、「リクルートカード」でも微妙です。

その他のカードでも0.5%の還元と、改悪が続いています。

上記以外のクレジットカードの場合はnanacoへチャージしても還元率は0%。還元率が高くて人気の「楽天カード」「dカード」ももちろん還元率0%です。

最近人気のLINEPayでもnanacoチャージでは0%です。

ぴよねこ

クレジットカード ⇒ nanacoルートの改悪が続いているので、税金や公共料金の支払いでは節約しづらくなっています。

Kiigoという選択肢がある

「Kiigo」というサイトをご存知でしょうか?

MEMO
「Kiigo」を運営しているインコム・ジャパン株式会社は世界最大のプリペイドカード業者の日本法人です。

コンビニなどで販売されているiTunes・Google Play・Amazonなどの各種プリペイドカードにはインコムのPOSAというシステムが使われています。

Kiigoを運営しているのが、プリペイドカード技術でアップル・Google・Amazonなどを支えているインコムなので怪しいサイトではありません。

Kiigoは「App Store & iTunes ギフトカード」や「Google Play ギフトコード」などの人気のデジタルコードを、オンラインで簡単に購入できる通販サイトです。

「nanacoギフトコード」も販売されていて、クレジットカードで購入できます。

そしてKiigoで買う場合は、クレジットカードの還元を受けられます

ぴよねこ

これからは「クレジットカード ⇒ nanacoルート」ではなく、「Kiigo ⇒ nanacoルート」が正解です。

Kiigoの場合はクレジットカードの基本還元率になる

Kiigoでnanacoギフトコードを買うオススメな理由は、クレジットカードの基本還元率を受けられる点

つまり普段使っているクレジットカードの還元をnanacoチャージでも受けられるということ。

例えば「楽天カードからnanacoチャージすると還元率は0%ですが、Kiigoでnanacoギフトコードを買うと「楽天カード」の還元率は1%になります。

Yahoo! JAPANカードの場合はnanacoチャージすると還元率は0.5%ですが、Kiigoでnanacoギフトコードを買うと「Yahoo! JAPANカード」の還元率は1%になります。

ぴよねこ

Kiigoでnanacoギフトコードを買う方法は、クレジットカードを自分の好みで決められるので便利!

Kiigoでnanacoギフトコードを買う場合の上限

便利なKiigoですが、上限も設けられています。

Kiigoではnanacoギフトコードを月に5万円まで購入できます。つまりnanacoの1回のチャージ上限額と同じです。

リクルートカードは「クレジットカード ⇒ nanacoルート」では還元率1.2%ですが、還元の上限は月に3万円までという問題があります。(3万円を超えた分は還元率0%)

ところがKiigoでnanacoギフトコードを買う場合に、リクルートカードを使えば月に5万円まで1.2%のリクルートポイントが還元されます

ぴよねこ

「リクルートカード ⇒ nanacoルート」より「Kiigo ⇒ nanacoルート」でリクルートカードを使うほうが優れています。

月に5万円以上nanacoにチャージしたい場合

nanacoの1回のチャージ上限は5万円ですが、繰り返しチャージすれば月に20万円までチャージ可能。

ですが、Kiigoではnanacoギフトコードを月に5万円までしか購入できません。

nanacoを月に5万円以上利用したい場合は「Kiigo ⇒ nanacoルート」と「クレジットカード ⇒ nanacoルート」を併用する方法があります。

最初の5万円まではKiigoのnanacoギフトカードでチャージし、5万円を超えた分は今まで通りクレジットカードでnanacoを直接チャージします。

例えば基本還元率1.2%のリクルートカードを使って、Kiigoでnanacoにチャージすると仮定します。そして5万円を超えた分はこれまで通りリクルートカードから直接nanacoへのチャージします。(リクルートカードは3万円を超えた分は還元率0%)

 Kiigo⇒nanacoルート(5万円)クレジットカード⇒nanacoルート(3万円)
利用カードリクルートカードリクルートカード
還元率1.2%還元1.2%還元
還元額600円360円

リクルートカードはnanacoチャージでの還元率1.2%は月3万円までですが、Kiigo分と合わせると月に8万円まで1.2%還元を受けられることになります

8万円以上利用したい場合はリクルートカードではなく、nanacoチャージ還元の上限がないYahoo! JAPANカードなどを利用するのがオススメです。

ぴよねこ

Kiigoを使えばリクルートカードはnanacoチャージの際、月に8万円まで還元を受けられます。

nanaco複数枚利用の場合は事前にKiigoで購入する

税金や公共料金の支払いの際は、nanacoにチャージしてセブンイレブンに請求書を持って行って支払う方法は節約の重要スキルですよね。

nanacoのチャージ上限額は1回につき5万円です。5万円以上の税金や公共料金の請求書の場合は、1枚のnanacoでは支払えないので「nanacoの複数枚使用」で対応できます。(1回の支払いでにつきnanacoは5枚まで利用可能なので、25万円までの請求書なら対処可能)

Kiigoは月にnanacoギフトコードを5万円まで購入可能なので、事前に複数枚に5万円ずつチャージしておけば、nanacoの複数枚使用で最大25万円の税金や公共料金の請求書払いが可能です。

もちろんクレジットカードでもnanacoの複数枚使用はできますが、「Kiigo ⇒ nanacoルート」よりクレジットカードの還元率が下がるのでオススメしません。

ぴよねこ

事前に請求書の額が分かっている場合は「Kiigo ⇒ nanacoルート」でチャージして、nanacoの複数枚使用が最も節約になります!

国民年金の保険料でnanacoを利用するのはNG

税金や公共料金の支払いにnanacoを利用するのは節約になるので便利ですよね。

もちろん国民年金の保険料も請求書を持ってセブンイレブンに行きnanacoで支払うことができます。

ですが、国民年金のnanaco払いはとても損しているのでやめておきましょう!

国民年金の場合は2年前納のクレジットカード払いか楽天JCBデビットカード払いにすれば、保険料が最大で35万円も安くなりお得です。

国民年金保険料は2年前納クレジットカード払いで35万円安くなる! 国民年金保険料は2年前納楽天JCBデビットカードで35万円安くなる!

一方、国民年金のnanaco払いではこの方法は使えず、手間がかかり更に保険料が高くなります。

国民年金をnanacoで払うのは27万円の損!一番安くなる方法はコレ!

ぴよねこ

国民年金の保険料をnanacoで支払うのは損なので、やめておきましょう!

nanacoチャージはKiigoが最もお得!

  • クレジットカードはnanacoチャージの際のポイント還元が改悪傾向
  • Kiigo⇒nanacoルートならクレジットカードの基本還元率になる
  • リクルートカードはnanacoチャージで最大月8万円まで還元率1.2%
  • Kiigo⇒nanacoルートでもnanaco複数枚使用が可能
  • nanacoで国民年金の支払いはNG

Kiigoの会員登録時に☟の紹介コードを入力すると、Kiigoでの初回購入時に200ポイントがもらえる特典がありますよ。

9f9V2W7EyA

ぴよねこ

Kiigo⇒nanacoルートを知っていると、最もお得になるのでオススメです!

2 Comments

ミーナ

こんばんは、良ければご教示お願いします
メインカードはリクルートカードなのですが、月に30000円まで1.2%還元。私は50000円ナナコのギフト券を購入したいのですが、その場合月一度ずつチャージするのがお得でしょうか?例えば11月3万円、12月2万円をリクルートカードからkiigo経由で購入。そうするとリクルートカードから1.2%還元受けれると言うことか、kiigoで一気に同月に5万円リクルートカードで購入すると3万円までしか1.2%還元は受けれないのでは?と思ってしまい2月に分けて買うのがお得なのか迷ってました。
こんがらがって分からなくなってしまいました。キーゴとはナナコギフト券をお得に買えるサイトです。

返信する
ぴよねこ

お問い合わせありがとうございますm(_ _)m

Kiigoでnanacoギフトコード5万円分をリクルートカードで支払うと、5万円の1.2%がリクルートポイントで還元されます。(Kiigoでひと月に購入できるnanacoの上限が5万円)
さらにひと月に3万円まではリクルートカードから直接nanacoにチャージした分が1.2%還元となります。

つまり合算するとひと月に最大8万円分までnanacoの購入時に1.2%還元が可能です。
Kiigoで購入した分はリクルートカードの上限3万円には含まれないので、合計することが可能です。

5万円分を購入したいのであれば、リクルートカードの上限3万+Kiigoで2万でもいいですし、Kiigoで5万でもポイント還元は最終的に同じになります。

ご不明な点、解決できましたでしょうか?
もし分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいヽ(´▽`)/

返信する

コメントを残す