国民年金保険料は2年前納楽天JCBデビットカードで35万円安くなる!

節約大好きな「ぴよねこ」( @piyoneko)です。

国民年金の保険料を安くできるって知っていますか?

国民年金の保険料を毎月口座振替や納付書を持ってコンビニなどで現金で支払っていませんか?これお得じゃないのでやめましょう!

国民年金は2年分を一括で支払う2年前納方式を選び、クレジットカードまたは楽天JCBデビットカードで支払うのが最もお得です。

国民年金保険料は2年前納クレジットカード払いで35万円安くなる!

この記事では国民年金の保険料を楽天JCBデビットカードで支払う場合について解説します。

デビットカードは種類が豊富ですが、還元率が高いのはダントツで楽天JCBデビットカードです。

国民年金の保険料を2年前納にして楽天JCBデビットカードで払うと、なんとビックリ約35万円安くなります

国民年金は2年前納楽天JCBデビットカード払いで35万円安くなる!

国民年金の主な支払い方法

国民年金の保険料の主な支払い方法は☟の4つ(国民年金の保険料の支払いにはLINEPayなどは利用できません)

  • 口座振替
  • 納付書で銀行やコンビニで支払う
  • クレジットカード
  • デビットカード

この中で最も選んではいけないのは納付書で銀行やコンビニで支払う方法です。最も保険料の額が高くなります。

国民年金の保険料の支払いでお得なのはクレジットカードまたは楽天JCBデビットカードでの支払い!

ぴよねこ

クレジットカードとデビットカードは還元があるのでお得になります。

楽天JCBデビットカードとは?

JCBデビットカードはJCBマークのあるお店で、現金代わりに利用することができます。もちろんネットでの買い物でも利用可能。

利用額分がその場で預金口座から引き落とされます。預金残高以上利用できないので、使いすぎも心配がなく安心の支払い方法。

デビットカードはクレジットカードのような審査はなく誰でも持つことができます。

デメリットはクレジットカードより還元率が低く、0.3%前後の還元率のカードが多いこと。

ぴよねこ

クレジットカードなら年会費無料のカードでも1%還元は当たり前ですよね。

そんな還元率の低いデビットカードの中でダントツで人気なのが、楽天JCBデビットカード!

楽天JCBデビットカードはクレジットカード並みの還元率1%これはデビットカードでダントツです。

もちろん年会費は無料、お店で利用する場合の手数料もかかりません。

国民年金の保険料の場合でも、楽天JCBデビットカードで支払うと1%が還元されます

ぴよねこ

クレジットカードを利用しない場合は、国民年金保険料の支払いは楽天JCBデビットカードにするのがオススメ!

前納制度は4種類

続いて国民年金の前納制度について解説します。

前納制度とは国民年金の保険料を一定期間分まとめて事前に支払うことです。

前納制度には☟の4種類があります。

  • 当月末振替(1ヶ月前に支払う)
  • 6ヶ月前納(半年分をまとめて支払い)
  • 1年前納(1年分をまとめて支払い)
  • 2年前納(2年分をまとめて支払い)

この中では2年分を一括で支払う2年前納が、最も保険料が安くなります。

ぴよねこ

2年前納だけ知っていれば大丈夫です!

国民年金を前納する時の割引額(平成30年度の場合)

2年前納にすると国民年金の保険料は安くなりますが、支払方法によって割引額は変わります。

平成30年度の場合、国民年金の保険料は毎月16,340円です。2年前納にするとこの保険料が☟のように安くなります。

口座振替の場合

(スマホの方は表をスライドできます)

支払い方法1回の支払額2年分の支払額2年分の割引額
毎月支払い16,340円392,160円0円
6ヶ月前納96,930円387,720円4,440円
1年前納191,970円383,940円8,220円
2年前納377,350円377,350円15,650円

ぴよねこ

口座振替で2年前納にすると、毎月支払うより15,650円お得になります。

クレジットカード・デビットカード払いの場合

(スマホの方は表をスライドできます)

支払い方法1回の支払額2年分の支払額2年分の割引額
毎月支払い16,340円392,160円0円
6ヶ月前納97,240円388,960円3,200円
1年前納192,600円385,200円6,960円
2年前納378,580円378,580円14,420円

ぴよねこ

クレジットカード払いまたはデビットカード払いで2年前納にすると、毎月支払うより14,420円お得になります。
補足
クレジットカード払いの場合は一括払いのみ可能です。(分割払い・リボ払いは不可)

現金払い(納付書で金融機関・コンビニで支払う)

(スマホの方は表をスライドできます)

支払い方法1回の支払額2年分の支払額2年分の割引額
毎月支払い16,340円392,160円0円
6ヶ月前納97,240円388,960円3,200円
1年前納192,600円385,200円6,960円
2年前納378,580円378,580円14,420円

ぴよねこ

現金払い(納付書で支払い)で2年前納にすると、毎月支払うより14,420円お得になります。
注意
2年前納の納付書はコンビニでは使用できないので、金融機関で支払う必要があります。6ヶ月前納と1年前納はコンビニ支払い可能。

コンビニでクレジットカードからチャージしたnanacoで支払うと、クレカのポイントがついてお得という記事がよくあります。しかし、コンビニでは2年前納払いができないため保険料自体が高くなり、結果nanaco払いは一番高い支払い方法になっているので要注意です!

2年前納はクレジットカード払いまたは楽天JCBデビットカード払いがお得

先程も解説しましたが、2年前納の場合の保険料(2年分)は☟のようになりました。

  • 口座振替の場合・・・377,350円
  • クレジットカード払いの場合・・・378,580円
  • デビットカード払いの場合・・・378,580円

保険料自体は口座振替が最も安くなります。

ですが、☟のようにクレジットカードや楽天JCBデビットカードのポイント還元を考慮すると、実は逆転します。

決済方法2年前納時の保険料還元額(1%で計算)実質の支払額(保険料ー還元額)
クレジットカード払い378,580円3,785円相当374,794円
楽天JCBデビットカード払い378,580円3,785円相当374,794円
口座振替377,350円0円377,350円

1%還元を考慮すると、クレジットカード払いと楽天JCBデビットカード払いの方が、還元のない口座振替よりも2年間で実質2,500円程お得

国民年金保険料は2年前納クレジットカード払いで35万円安くなる!

大事なことはクレジットカードやデビットカードで支払う場合は、還元率の高いカードを利用することです。

クレジットカードなら年会費無料で1%還元以上のカードを利用しましょう

デビットカードの場合は、1%還元の最強のデビットカードである楽天JCBデビットカード一択!

ぴよねこ

楽天JCBデビットカード以外のデビットカードは還元率が0.3%前後になるので、楽天JCBデビットカードをオススメします!

トータルでどのくらいお得になるのか?

結局どれだけお得になるかが、一番大事ですよね!

国民年金の支払い期間は40年間です。つまり2年前納にすると最大で20回支払うことになります。

保険料が一定であったと仮定して、保険料を「毎月払い」の場合と「2年前納で楽天JCBデビットカードで払う」場合で40年間でいくら差が出るのか計算します。

(平成30年度の保険料月16,340円で計算、スマホの方は表をスライドできます)

決済方法1回の保険料2年分の保険料40年分の保険料
(2年分が20回)
還元額
(1%で計算)
実質の保険料
(保険料ー還元額)
毎月払い1万6340円39万2160円
(24ヶ月分)
784万3200円
(39万2160円×40年)
0円784万3200円
2年前納
楽天JCB
デビットカード
37万8580円37万8580円757万1600円
(37万8580円×20回)
7万5716円相当749万5884円
差額 1万3580円27万1600円 34万7316円

40年後にはなんとビックリ!約35万円も差がついています。この額は保険料の2年分に近いです。

つまり国民年金の保険料を単に毎月払いにしている人は、2年前納の楽天JCBデビットカードで支払っている人より2年分余計に保険料を支払うのと同じこと!

ぴよねこ

国民年金は2年前納にして楽天JCBデビットカード払いにすると保険料が約35万年安くなります!

国民年金を2年前納の楽天JCBデビットカード払いにする手順

それでは国民年金の保険料を2年前納の楽天JCBデビットカード払いにする手順を解説します。

STEP.1
楽天JCBデビットカードを作る
楽天銀行のサイトで口座開設と楽天JCBデビットカードを申込みます。

口座開設と楽天JCBデビットカードの申し込みは同時にできます。(既に楽天銀行の口座を持っている方は楽天JCBデビットカードの申請をしましょう)

楽天銀行の口座開設はこちら

注意
楽天のデビットカードにはJCBタイプとVISAタイプがあります。VISAタイプの場合は年会費が1,029円で、還元率は0.2%になります。年会費無料で還元率が1%の楽天JCBデビットカードを必ず選びましょう!
STEP.2
国民年金の2年前納手続きをする

国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入し、年金事務所へ提出または郵送します。(デビットカードの場合もクレジットカードの申請書を利用します)

この申請書で2年前納を選べるので、2年前納と楽天JCBデビットカードの支払いの手続きは同時に可能。

申し込み期限は毎年2月末で、2年前納分の金額が引き落としされるのが4月末になります。

2年前納を申し込んでも4月末から2年前納が始まるまでの保険料は、これまで通りの支払いとなります。

国民年金保険料の2年前納のサイトはこちら

STEP.3
4月末までに楽天銀行の口座に入金

4月末までに楽天銀行の口座に2年前納の保険料約37万円を入金しておきましょう。

STEP.4
以降は2年ごとに自動で引き落としされる

2年前納の楽天JCBデビットカード払いが始まれば、以降は2年ごとに4月末に自動で引き落としされます。

入金する以外は特に作業はありません。

2年前納は社会保険料控除に注意

国民年金で保険料を納付した場合、社会保険料控除として年末調整や確定申告で所得から控除できます。その分節税になりますよね。

2年前納にすると支払いが2年に一回になるので、保険料を納付する年としない年が交互に発生することになります。

納付した年は控除額が多くなり節税効果が大きくなりますが、納付しない年は控除額が少なくなり節税効果が下がります。

問題ない方は、前納した2年分の国民年金保険料の全額をその年の社会保険料控除の対象にしましょう。

毎年控除額が大きく変わるのが嫌な方は、2年前納で納付した保険料を1年分ずつに分けて社会保険料控除の対象することにより解決できます

1年分ずつわけて申告しても、2年前納で保険料がお得になるのは変わりません。

国税庁はこの件に関して☟のように回答しています。

前納した2年分の国民年金保険料の全額をその支払った年分の社会保険料控除の対象として差し支えありません。なお、各年分の保険料に相当する額を各年に控除する方法を選択することもできます。

ぴよねこ

2年分をまとめて社会保険料控除の対象にするか、1年分ずつに分けて社会保険料控除の対象するかを選べます。詳しくは確定申告の際に税務署に確認しましょう。

将来もらえる年金が増える付加年金との組み合わせが最強

国民年金を2年前納の楽天JCBデビットカード払いにして保険料を安くして、あわせて付加年金に加入して将来の年金を増やすのが最強の組み合わせです。

付加年金に加入すると国民年金の保険料に毎月400円が上乗せされます。そして将来もらえる年金が増えます。

付加年金は必ず2年でモトが取れるようになっています。つまり付加年金に加入した方が65歳から受給を開始すると67歳以降は支払った付加年金の保険料以上のリターンがもらえます。

付加年金は2年以上受け取れば、必ず儲かるようになっている国の制度です。

ぴよねこ

付加年金はとても優秀な年金制度なので、2年前納の楽天JCBデビットカード払いの手続きと合わせて申し込みすることをオススメします。
付加年金は172万円の利益が出るから入らないと損!(iDeCoや国民年金基金との併用も解説)

国民年金の支払いを2年前納の楽天JCBデビットカード払いにして35万円安くする!

2年前納の楽天JCBデビットカード払いをまとめると☟のとおり

  • 国民年金の保険料を楽天JCBデビットカード払いにすると還元率1%
  • 楽天JCBデビットカード払いで2年前納にすると、保険料が生涯で約35万円安くなる
  • 2年前納にする時は社会保険料控除に注意
  • 国民年金保険料の2年前納には手続きが必要

ぴよねこ

2年前納の楽天JCBデビットカード払いにして国民年金の保険料を安くしましょう!

コメントを残す