おトクでんきの評判・口コミから分かるデメリットがヤバい!

おトクでんきの評判・口コミ・メリット・デメリット

\ レビューお待ちしています /


 

 

補足
確認画面は表示されませんので、送信前に口コミ内容を確認して下さい。

この記事ではおトクでんきの評判・口コミから分かるメリット・デメリットについて解説します

おトクでんき(旧いこま電力)はハルエネでんきと同じ光通信系の電力会社で、主に法人・個人事業主向けに電気を販売しています。

結論から言うとおトクでんきは人気の新電力に比べて電気代が高く、さらに致命的なデメリットがあるので全くおすすめできません。

安易に契約せず、事前にどんな電力会社なのか確認しておきましょう。

目次前CTA

迷ったらココ!人気BEST3

Looopでんき
激安+サービス充実!人気No.1の最強電力会社
自然電力
圧倒的安さ+環境に優しい!実力の電力会社
あしたでんき
料金格安の電力会社!シンプルなサービスで人気

電力会社ランキングはこちら

おトクでんきの概要

おトクでんきとは?

運営会社株式会社おトクでんき
公式サイト
対応エリア沖縄県以外
電気ガスセットあり
ポイント還元なし
支払方法クレジットカード
口座振替
初期費用3,500円(税別)
解約違約金3年毎の更新月以外の解約時に9,800円(税別)
補足
違約金は契約するプランによって異なります。

おトクでんきは沖縄県以外の地域に対応し、賃貸・分譲・マンション・アパート問わず切替できます。(高圧一括受電等は除く)

希望条件と合わない場合は、 こちらからピッタリな電力会社を探して下さいね。

 

デメリット・おすすめできない人

おトクでんきで注意したいデメリットは次の5点です。

おトクでんきのデメリット
  1. 電気代がかなり高い
  2. 20アンペア以下契約は利用不可
  3. オール電化プランがない
  4. 無駄な初期費用がかかる
  5. 解約時の違約金が厳しい

 

電気代がかなり高い

おトクでんきは電気料金がかなり高い

おトクでんきの電気代は、残念ながら電力会社の中でも高いです

代表して人気No.1の「Looopでんき」とおとくでんきのレギュラープランを比べてみます。

(例)関東で60A・月500kWhで試算)

1年間の電気代1年間の節約額
東京電力179,784円± 0円
おとくでんき179,784円± 0円
Looopでんき158,400円21,384円お得

おトクでんきは東京電力と料金が変わらず、Looopでんきと比べるとかなり高いですね。

おトクでんきには様々なプランがありますが、「電気代が変わらない」または「年間1,000円前後安くなる程度」の料金体系です。

高い初期費用と解約金のリスクもあるので、料金がお得で切替リスクのない人気の電力会社より大きく劣ります。

Looopのバナー

安さとサービスで人気No.1

Looopでんきの詳細はこちら

 

20アンペア以下契約の人は利用不可

おトクでんきは20アンペア(A)以下では契約不可

おトクでんきは関東・中部・東北・北陸・九州では30アンペア(A)契約以上の場合に利用できます。(関西・中国・四国・沖縄は関係ありません)

つまり今利用中の電力会社で20アンペア(A)以下で契約している人は、おトクでんきに乗り換えできません

電力会社から毎月送られてくる検針票(電気の使用量のお知らせ)や自宅のブレーカーを見ると、何アンペアで契約しているのか分かります。不安な人は確認しておくといいですね。

Point
  • 20A以下では契約できない

 

オール電化プランがない

おトクでんきはオール電化プランがない

おトクでんきに限らず、多くの新電力ではオール電化に対応した料金プランはありません

オール電化の人は、夜間の料金が安い特殊なプランを利用しています。

電気代のお得な深夜に電気の使用量を多くして、電気代を安くしているというわけですね。

オール電化を利用している人がおトクでんきを契約すると、夜間の電気代が上がるので逆に高くなる可能性もあります。

オール電化に対応したお得な電力会社もあるので、そちらを検討しましょう。

 

無駄な初期費用がかかる

おトクでんきは切替費用がかかる

おトクでんきを契約する場合、初期費用として事務手数料3,500円(税別)がかかります

電力会社の正しい選び方でも解説していますが、電力会社に初期費用は存在しません。

ですが、一部の悪質な電力会社では「契約事務手数料」という名目で切替費用を設定しています。

支払う必要のない費用なので、初期費用がかかる電力会社は契約する価値がありません

Point
  • 初期費用3,500円がかかる

 

解約時の違約金が厳しい

おトクでんきは解約がデメリット

おトクでんきには契約するプランによっては、解約時の違約金がかなり厳しく設定されています。

契約後3年ごとの更新月(翌月も含む)以外に解約すると、違約金9,800円が請求されます

電力会社の多くが違約金を設定していません。解約金がある電力会社の場合でも、1年未満の解約時に2,000円程度で2年目以降は無料というケースが多いです。

違約金が高く契約が3年縛りとなり、気軽に解約できないのは大きなデメリットですね。

Point
  • 違約金が高額
  • 契約が3年縛りのプランがある

 

おトクでんきにメリットはある?

おトクでんきにはメリットがない

正直言っておトクでんきにはメリットがほとんどありません

電力会社の中でも電気料金が割高で、初期費用・解約金が異常な設定です。

お得な電力会社と比べるとかなりの料金差があります。

もし怪しい訪問営業を受けたら、「もっと安いとこを利用してる」などと言って断るといいですね。

Point
  • メリットはほとんどなし

目次前CTA

迷ったらココ!人気BEST3

Looopでんき
激安+サービス充実!人気No.1の最強電力会社
自然電力
圧倒的安さ+環境に優しい!実力の電力会社
あしたでんき
料金格安の電力会社!シンプルなサービスで人気

電力会社ランキングはこちら

おトクでんきの料金プラン

おトクでんきの料金プランは高い

おトクでんきの主な料金プランは次の3つです。

  • ベーシックプラン
  • 法人スマートプラン
  • ずっとおトクプラン

それぞれ料金体系が違うので解説します。

補足
他にもどんどんおトクプラン・動力オフィスサポートプラン・動力店舗サポートプラン・低圧セットプラン・パックプランなどがあります。

 

ベーシックプランの特徴・料金表

おトクでんきのベーシックプランはかなり割高

「ベーシックプラン」は関東・関西・中部・東北・中国・四国・九州エリアに対応しています。

詳しい料金表は、以下の通りです。

関東関西中部東北中国四国九州

「ベーシックプラン」は東京電力と単価が全く同じです。

「ベーシックプラン」は関西電力と単価が全く同じです。

「ベーシックプラン」は中部電力と単価が全く同じです。

「ベーシックプラン」は東北電力と単価が全く同じです。

「ベーシックプラン」「法人スマートプラン」はどちらも中国電力と単価が全く同じです。

「ベーシックプラン」は四国電力と単価が全く同じです。

「ベーシックプラン」は九州電力と単価が全く同じです。

切り替えても料金が全く変わらないので、お得な電力会社と比べてかなり割高なプランとなりますね

つまり初期費用3,500円を払ってまで切り替える意味がないプランです。

Point
  • ベーシックプランは切替の意味がない

 

法人スマートプランの特徴・料金表

おトクでんきの法人スマートプランはかなり割高

「法人スマートプラン」は沖縄県以外に対応しています。

詳しい料金表は、以下の通りです。

関東関西中部北海道東北北陸中国四国九州

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が東京電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が関西電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が中部電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が北海道電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が東北電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が北陸電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が中国電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が四国電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

「法人スマートプラン」は基本料金の単価が九州電力と全く同じで、従量料金の3段階目が少し安くなる料金体系です。

電気の使用量がかなり多くても年間1,000円程度しか安くならないので、お得な電力会社と比べてかなり高めのプランとなりますね

初期費用3,500円がかかり、3年の更新月以外の解約時に違約金9,800円が必要です。

契約する方がリスクのあるプランと言えますね。

Point
  • 法人スマートプランは切替の意味がない

 

ずっとおトクプランの特徴・料金表

おトクでんきのずっとおトクプランはかなり割高

「ずっとおトクプラン」の詳しい料金表は、以下の通りです。

関東関西中部北海道東北北陸中国四国九州

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が東京電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が関西電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が中部電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が北海道電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が東北電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が北陸電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が中国電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が四国電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

「ずっとおトクプラン」は基本料金の単価が九州電力より少しだけ安く、従量料金が一切お得にならない料金体系です。

電気の使用量に関わらず少し安くなる程度で、お得な電力会社と比べてかなり高めのプランとなりますね

初期費用3,500円がかかり、3年の更新月以外の解約時に違約金9,800円が必要です。

契約する方がリスクのあるプランと言えますね。

Point
  • ずっとおトクプランも切替の意味がない

 











解約方法・違約金

おトクでんきには解約時に違約金あり

おトクでんきでは契約3年ごとの更新月(翌月を含む)以外に解約すると違約金が9,800円が必要です

全電力会社の中で最悪級の解約金が設定されています。

「違約金ビジネス?」と言われても仕方のない仕組みですね。安易に契約しないよう注意して下さい。

なお今の住所のまま他の電力会社へ乗り換えの場合は、解約連絡や手続きは不要です。新しい電力会社に申し込むと自動解約されます。

引越しなどで退去するため解約する場合は、解約連絡が必要です。退去日が決まったら、早めに連絡しましょう。

補足
申込後8日以内にキャンセルする場合はクーリングオフが可能です。

 

おすすめの解約方法

おトクでんきのおすすめの解約方法

既に契約してしまい電気代が高くて困っている人は、違約金がかかっても早く解約したいと考えるかもしれませんね。

解約金がかかる場合は、新規申し込み時にキャンペーンを行っている電力会社に乗り換えるのがおすすめです

数千円のキャッシュバックを受けられる電力会社もあるので、解約金をカバーできます。

お得な電力会社でも期間限定キャンペーンを実施している場合もあるので、悪質な電力会社からの乗り換えに活用できるといいですね。

 

おトクでんきの評判まとめ

おトクでんきの評価

残念ながら料金面でもサービス面でも、おトクでんきをおすすめする理由は見当たりません

料金がかなり割高で悪質な初期費用・違約金など、契約するデメリットがかなり大きいですね。

電力会社を正しく選べば、毎月の電気代をかなり節約できます。

特に理由がなければ、人気の電力会社からあなたにピッタリな電力を探しましょう

目次前CTA

迷ったらココ!人気BEST3

Looopでんき
激安+サービス充実!人気No.1の最強電力会社
自然電力
圧倒的安さ+環境に優しい!実力の電力会社
あしたでんき
料金格安の電力会社!シンプルなサービスで人気

電力会社ランキングはこちら

電力自由化記事のフッター

「電力会社の選び方」関連記事

あなたにピッタリな電力会社が分かる

電力会社ランキング
関東 
関西 
中部 
東北 
北陸 
中国 
四国 
九州 
沖縄 

合わせてガス代も節約しよう

都市ガス会社ランキング
関東 
関西 
・九州(作成中)