節約でんきの評判・口コミから分かるメリット・デメリットは?キャンペーンはあるの?

節約でんきとは電力自由化で新しく参入した新電力で、第一日本電力株式会社という会社が運営しています。

もちろん乗り換えることで節約できるのですが、「節約でんきはお得なのか?・デメリットはないのか?」など気になりますよね?

そこで節約でんきの評判・口コミを分析して分かったメリット・デメリットを紹介します

あなたの場合に節約でんきに切り替えても大丈夫なのか確認して下さいね。

節約でんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の新電力 ◆

節約でんきの申し込みはこちら

 

節約でんきのメリット

節約でんきのメリットやおすすめな点は次の2つです。

節約でんきのメリット
  1. 基本料金0円でお得な新電力
  2. 紹介キャンペーンあり

基本料金が無料のプランなので、電気の使用量が多い人が特にお得になるのが節約でんきの特徴です。

基本料金0円でお得な新電力

節約でんきのメリット

多くの電力会社の電気代は毎月固定の基本料金と、電気を使った分だけかかる従量料金の合計金額です。

節約でんきの場合はこの基本料金が0円となっています。

つまりこれまでの電力会社で毎月支払っていた固定料金が無料になるので、電気料金が安くなりやすいということですね。

基本料金0円の会社はいくつかありますが、電気の使用量が多い家庭ほど節約できる傾向にあります。

Point
  • 基本料金0円

 

紹介キャンペーンで5,000円のギフト券プレンゼント

節約でんきの紹介キャンペーン

節約でんきを契約している人が、知り合いに紹介して契約に至ると5,000円のギフト券がキャッシュレスされるキャンペーンが実施中です。

紹介キャンペーン
期限今のところ記載なし
条件紹介した人が6ヶ月間を節約でんきを利用
特典5,000円のギフト券

ギフト券はメールで送信されます。家族や知り合いで一緒に紹介できそうな人はお得ですね。

Point
  • 紹介キャンペーンあり

節約でんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の新電力 ◆

節約でんきの申し込みはこちら

 

節約でんきのデメリット

節約でんきにもデメリットはあります。主な注意点は次のとおりです。

節約でんきのデメリット
  1. 解約時の違約金が高い
  2. 電気の使用量が少ない人は高くなる可能性あり

あなたの場合に当てはまる内容なのかチェックしておきましょう。

解約時の違約金が高い

節約でんきでは解約時に違約金5,000円が必要です

解約時に違約金が必要のない新電力も多く、設定している会社は1年未満の解約時に2,000円前後で以降は不要というものが多いです。

違約金の金額が高いこともネックですね。また2年目以降の解約時にも解約金がかかってしまうのは残念です。

Point
  • 解約時の違約金が高い

 

電気の使用量が少ない人は高くなる可能性あり

この後の料金比較で各エリアの実際の電気代を紹介していますが、節約でんきは電気の使用量が少ない家庭では割高な傾向があります

特に1人暮らし・2人暮らしなど少人数世帯では、あまり安くならないか逆に料金が高くなってしまうケースも・・・

目安としては毎月350kWh以上の電気の使用量がある家庭向けです。

電気の使用量が少ない人は、こちらの関連記事からあなたに合った最適な新電力をシミュレーションできますよ。

Point
  • 電気の使用量が少ない人は高くなる可能性あり

節約でんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の新電力 ◆

節約でんきの申し込みはこちら

 

節約でんきのプラン

節約でんきには次の4つのプランがあります。

  • おうちプラン
  • ビジネスプラン

「おうちプラン」が一般家庭向けの料金プランです。

商店や事務所、大家族やペットを飼っているなど従量電灯C(関西・中国・四国は従量電灯B)を契約している家庭は「ビジネスプラン」が相当します。

この記事ではおうちプランの料金について、詳しく確認します。

 

節約でんきの料金を比較

節約でんきの電気料金がいくらになり、どれくらいお得になるのか比較します。

1人暮らし・2人暮らし・3人暮らし・4人暮らし・5人暮らしの平均の電気使用量から、電気代をシミュレーションしています。

切り替えた場合にどれくらい節約できるのか、具体的な電気料金の見積もり価格を確認しておきましょう。


地域を選んで下さい

節約でんきと東京電力を比較(関東)

節約でんきの関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・山梨・静岡富士川以東)での料金を計算します。

東京電力(TEPCO)から節約でんきの「おうちプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
東京電力
(年間)
【切替後】
節約でんき
(年間)
年間
節約額
1人66,568円67,067円+499円
2人109,693円109,188円-505円
3人128,165円122,472円-5,693円
4人137,100円127,332円-9,768円
5人153,371円138,672円-14,699円

おうちプラン(関東)

基本料金
(毎月固定)
0円
従量料金
(1kWhごと)
27円

関東の3人暮らし以上の家庭では、節約でんきは東京電力より十分に電気代を安くできますね。

一方関東の1人暮らし・2人暮らしではあまりお得になりません。

当てはまる人は関東でお得な新電力を探しましょう。

節約でんきと関西電力を比較(関西)

節約でんきの関西(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)での料金を計算します。

関西電力から節約でんきの「おうちプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
関西電力
(年間)
【切替後】
節約でんき
(年間)
年間
節約額
1人56,630円57,131円+501円
2人98,428円93,012円-5,416円
3人112,838円104,328円-8,510円
4人118,111円108,468円-9,643円
5人130,412円118,128円-12,284円

おうちプラン(関西)

基本料金
(毎月固定)
0円
従量料金
(1kWhごと)
23円

関西の2人暮らし以上の家庭では、節約でんきは関西電力より十分に電気代を安くできますね。

一方関西の1人暮らしではあまりお得になりません。

当てはまる人は関西でお得な新電力を探しましょう。

節約でんきと中部電力を比較(中部)

節約でんきの中部(愛知・岐阜・三重・長野・静岡富士川以西)での料金を計算します。

中部電力から節約でんきの「おうちプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
中部電力
(年間)
【切替後】
節約でんき
(年間)
年間
節約額
1人67,300円67,068円-232円
2人108,452円109,187円+735円
3人125,901円122,472円-3,429円
4人134,462円127,332円-7,130円
5人149,859円138,672円-11,187円

おうちプラン(中部)

基本料金
(毎月固定)
0円
従量料金
(1kWhごと)
27円

中部の3人暮らし以上の家庭では、節約でんきは中部電力より十分に電気代を安くできますね。

一方中部の1人暮らし・2人暮らしではあまりお得になりません。

当てはまる人は中部でお得な新電力を探しましょう。

節約でんきと東北電力を比較(東北)

節約でんきの東北(宮城・山形・福島・岩手・秋田・青森・新潟)での料金を計算します。

東北電力から節約でんきの「おうちプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
東北電力
(年間)
【切替後】
節約でんき
(年間)
年間
節約額
1人65,079円67,067円+1,988円
2人106,348円109,187円+2,839円
3人124,714円122,472円-2,242円
4人133,944円127,332円-6,612円
5人150,202円138,672円-11,530円

おうちプラン(東北)

基本料金
(毎月固定)
0円
従量料金
(1kWhごと)
27円

東北の3人暮らし以上の家庭では、節約でんきは東北電力より十分に電気代を安くできますね。

一方東北の1人暮らし・2人暮らしではあまりお得になりません。

当てはまる人は東北でお得な新電力を探しましょう。

節約でんきと中国電力を比較(中国)

節約でんきの中国(広島・岡山・山口・島根・鳥取)での料金を計算します。

中国電力から節約でんきの「おうちプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
中国電力
(年間)
【切替後】
節約でんき
(年間)
年間
節約額
1人58,922円59,615円+693円
2人102,717円97,056円-5,661円
3人117,275円108,864円-8,411円
4人122,601円113,184円-9,417円
5人135,029円123,264円-11,765円

おうちプラン(中国)

基本料金
(毎月固定)
0円
従量料金
(1kWhごと)
24円

中国の2人暮らし以上の家庭では、節約でんきは中国電力より十分に電気代を安くできますね。

一方中国の1人暮らしではあまりお得になりません。

当てはまる人は中国でお得な新電力を探しましょう。

節約でんきと四国電力を比較(四国)

節約でんきの四国(香川・徳島・愛媛・高知)での料金を計算します。

四国電力から節約でんきの「おうちプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
四国電力
(年間)
【切替後】
節約でんき
(年間)
年間
節約額
1人59,758円59,616円-142円
2人103,421円97,056円-6,365円
3人118,427円108,864円-9,563円
4人123,917円113,184円-10,733円
5人136,727円123,264円-13,463円

おうちプラン(四国)

基本料金
(毎月固定)
0円
従量料金
(1kWhごと)
24円

四国の2人暮らし以上の家庭では四国電力よりかなりお得で、節約でんきは四国トップクラスの安さとなります。

一方四国の1人暮らしではあまりお得になりません。

当てはまる人は四国でお得な新電力を探しましょう。

節約でんきと九州電力を比較(九州)

節約でんきの九州(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)での料金を計算します。

九州電力から節約でんきの「おうちプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。

世帯
人数
【切替前】
九州電力
(年間)
【切替後】
節約でんき
(年間)
年間
節約額
1人59,909円59,616円-293円
2人97,215円97,057円-158円
3人113,600円108,864円-4,736円
4人121,854円113,184円-8,670円
5人136,364円123,264円-13,100円

おうちプラン(九州)

基本料金
(毎月固定)
0円
従量料金
(1kWhごと)
24円

九州の3人暮らし以上の家庭では、節約でんきは九州電力より十分に電気代を安くできますね。

一方九州の1人暮らし・2人暮らしではあまりお得になりません。

当てはまる人は九州でお得な新電力を探しましょう。

節約でんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の新電力 ◆

節約でんきの申し込みはこちら

 

申し込み方法・切替の流れ

節約でんきの申し込みのポイントは次の3つです。

  • 手数料は一切なし!
  • WEBで簡単!5分で終了
  • 今の電力会社の解約手続きは不要!申込後は開通日まで待つだけ

事務手数料という形で初期費用をとる悪質な新電力も一部ありますが、節約でんきは手数料0円なので無料で切替できます。

こちらの申し込みページに必要事項を入力したら、後日「供給開始日」の案内メールが来ます。今契約中の電力会社への解約の連絡も不要で、開通日になると自動で切り替わります。

つまり申し込み後は、ただ待つだけということですね。とっても簡単ですよ。

 

申し込み時に必要なもの

申し込み時に必要な書類は電力会社の検針票です。

電力会社から毎月送られてくる検針票に書かれている「お客様番号」と「供給地点特定番号」という番号を申し込み時に入力します。

例えば東京電力の検針票は以下のような書類です。

番号が必要なだけなので検針票は古いものでも大丈夫。WEBの検針票に切り替えている人も、もちろん番号が分かれば申し込みできますよ。

Point
  • 申し込みにはお客様番号と供給地点特定番号が必要

 

切り替えまでの手続き・流れ

節約でんきに申し込んだ後、開通までの流れを紹介します。

STEP.1
申し込み

こちらの申し込みページから必要事項を記入して申込みます。

5分もあれば申し込みは終了します。検針票に書かれている番号などを間違えずに入力しましょう。

STEP.2
電力会社間でやり取り

申し込み完了後、現在利用中の電力会社と節約でんきの間でお客様番号と供給地点特定番号の受け渡しが行われます。

契約中の電力会社への解約手続きは、節約でんきが代行するので連絡は不要です

STEP.3
スマートメーターの取り付け

現在全ての家庭の電力計をスマートメーターという新しいメーターへの変更が進められています。

工事は地域の大手電力会社(関東なら東京電力)が行うので、設置工事日の連絡が入ります。スマートメーターの工事費は無料で、立会いも不要です(中部地方のみ立会必要)。

工事は5分から10分くらい停電する程度なので、大きな影響はありません。

STEP.4
開通日の連絡

登録したメールアドレスに「ご利用開始のご案内」が届き、いつから節約でんきに変わるか供給開始日が書かれています。

時期やメーター工事の有無で変わりますが、半月~2ヶ月以内が目安です。

STEP.5
新電力開通

開通予定日が来ると、自動的に節約でんきに切り替わります。

開通当日は特に停電はなく、立会なども不要。切り替わった瞬間も分かりません。

その日から新電力に切り替わったというだけですね。

申し込んだら後は開通まで節約でんきが手続きを全て行うので、申し込んだら待つだけです。

開通後はマイページにログインして、さまざな機能が使えるようになります。

Point
  • 申し込んだら開通まで待つだけ

 

マイページにログインして明細を確認できる

切替完了後はマイページにログインすることで、日々の電気の使用量や次回の請求の明細などを確認できます。

つまり検針票がWEBになり、料金確認がいつでもマイページ上で見れる「見える化」が可能になるということですね。

請求書(領収書はクレジットカードの明細で利用可)も印刷できます。

節約でんきのマイページの登録はこちらから。

Point
  • マイページで料金確認ができる

節約でんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の新電力 ◆

節約でんきの申し込みはこちら

 

解約・違約金

今の住居で他社へ乗り換えの場合は、節約でんきへの解約連絡は不要です。切り替え先の新電力会社が対応してくれます。

引越しなど退去のため解約する場合は、解約の連絡が必須です。退去日が決まったら、節約でんきコンタクトセンター(050-5577-7200)へ早めに連絡しましょう。

節約でんきの契約期間は2年契約の自動更新です。解約時には違約金5,000円が必要となります。

契約後すぐに退去する予定のある人や頻繁に電力会社を乗り換えたい人は注意しましょう。

また申し込み後8日以内のキャンセルの場合は、クーリングオフも可能です。

節約でんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の新電力 ◆

節約でんきの申し込みはこちら

 

節約でんきの評判まとめ

節約でんきは基本料金が0円の新電力で、特に電気の使用量が多い人が電気代を安くできます。

繰り返しになりますが、注意点は次の2つ。

節約でんきの注意点
  1. 解約時の違約金が高い
  2. 電気の使用量が少ない人は高くなる可能性あり

この2点が特に問題ない人なら、切替を検討してみてもいいですね。

申し込みは簡単で5分もあれば終わります。早めに新電力に切り替えて光熱費を安くしましょう。

節約でんきの詳細はこちら

◆ 基本料金0円の新電力 ◆

節約でんきの申し込みはこちら

 

よくある質問

対応エリア・地域

供給エリアは北海道・北陸(石川・富山・福井)・沖縄県以外の全国です。(ただし離島は除きます)

賃貸・分譲やマンション・アパートでも契約できる?

賃貸や分譲関係なく、一軒家だけではなくマンションやアパートでも契約できます。

ただし高圧一括契約のマンションの場合や、賃貸で電力会社が指定されているケースなどは乗り換えはできません。

個人名義で電力会社と契約している場合は、問題なく切替できます。

セット割引

節約でんきには電気と都市ガスやプロパンガスとのセット割引はありません。

ガス会社の選び方から、お住まいの地域でお得なガス会社を探せます。

オール電化プランは?

節約でんきにはオール電化プランはありません。お得な深夜電力を多く使うのが、オール電化契約の特徴です。契約自体はできますが、夜間の時間帯も料金が一定の節約でんきでは、電気代が上がる可能性があるので注意しましょう。

電気の質は悪くなる?停電時・災害時でも大丈夫?

電力自由化で新電力に切り替えても電気の質は同じなので、料金やサービス面で選ぶことができます。

停電時や災害時の対応はこれまで通り東電や関電など地域の旧電力会社が連絡先となり、復旧などの対応も平等です。

支払い・支払い方法の変更

支払方法対応状況
クレジット
カード
利用可
(Visa・MasterCard・JCB・Diners・AMEX)
口座振替
引き落とし
不可
コンビニ支払不可
スマホ決済不可

登録したクレジットカード会社の引き落とし日が、電気料金の支払日となります。滞納がないよう支払日に注意しましょう。

会社概要・問い合わせ先

電話番号
連絡先
コンタクトセンター
050-5577-7200
お問い合わせフォームはこちら
【約款】
営業時間平日9時~18時
本社住所東京都港区浜松町2-2-15
電源構成
発電方法
非公開
売電不可(太陽光は他社へ売電可)

 

電力自由化記事のフッター

「電力会社の選び方」関連記事

あなたにピッタリな電力会社が分かる

電力会社ランキング
関東 
関西 
中部 
東北 
北陸 
中国 
四国 
九州 
沖縄 

合わせてガス代も節約しよう

都市ガス会社ランキング
関東 
関西 
・九州(作成中)