Payアプリ・キャッシュレスの
最新キャンペーン情報はこちら

Ankerのイヤホン「Soundcore Spirit」は防水・Bluetooth5.0対応でコスパ最強

こんにちは!

家電ライターの「ぴよねこ」です。(twitterもやってます

この記事ではAnker社より発売されているBluetooth5.0対応のイヤホン「Soundcore Spirit」を紹介します。

Bluetooth5.0は4.2に比べて☟のようにバージョンアップしました。

  • 転送速度がBluetooth4.2の2倍
    ⇒映像と音のズレが少なくなる
  • 通信可能範囲がBluetooth4.2の4倍
    ⇒スマホなどの発信側から約10mまで離れても通信可能

「iPhone X」や「iPhone 8」は既にBluetooth5.0に対応しているので、イヤホンやヘッドホンもBluetooth5.0対応の商品を最大限使えます。

 

Bluetooth5.0対応のイヤホンは完全ワイヤレスイヤホンを中心に徐々に商品が増えていますが、大手メーカーの商品はほんの一部です。

現状では聞いたことのない中国メーカーが圧倒的に多く、音質面や安定性で不安がです。実際に音質と機器の接続で苦労しているレビューが多くあります。

Bluetooth5.0対応のイヤホンを探している方は、Anker社から発売されている左右一体型イヤホンの「Soundcore Spirit」を検討してはいかがでしょうか?

「Soundcore Spirit」は高性能ながら、価格を3,000円前後に抑えたコスパに優れたイヤホンです。

Anker社とは?
AnkerはGoogle出身のメンバーが創設したメーカーで、モバイルバッテリーで有名です。Ankerはイヤホンやスピーカーを中心にしたオーディオブランドを立ち上げています。

Ankerのイヤホン「Soundcore Spirit」の特徴

Bluetooth5.0を搭載

なんといってもBluetooth5.0に対応しているイヤホンであること。

今使っているイヤホンで音ズレが気になる人は、Bluetooth5.0の恩恵を最大限受けられます。

「iPhone X」や「iPhone 8」などのBluetooth5.0対応スマホとBluetooth5.0対応イヤホンを組み合わせることにより、音ズレが改善する可能性があります。

従来のBluetoothより通信可能範囲が広がり約10mとなっています。洗面所にスマホをおいて防水対応のイヤホンでお風呂に入りながら高音質な音楽を楽しむも可能。

近い将来に主流となるであろうBluetooth5.0をいち早く堪能できます。

IPX7の防水規格に対応

「Soundcore Spirit」は「SweatGuardテクノロジー」という最先端の防汗・防水技術を搭載しています。

まず「Soundcore Spirit」はIPX7の防水規格を持っています。IPX7とは「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」性能を持っていて、これはイヤホンの中では最高性能の防水性能。

湯船の中につけるのは推奨しませんが、お風呂に浸かりながら音楽を楽しむことはできます。

最先端の防汗技術

「Soundcore Spirit」が優れているのは防水機能に加えて、防汗機能も持っていること。

運動時の汗は塩分が含まれるため、イヤホン内部に入り込むとイヤホンへの悪影響がありました。実際にカナル型イヤホンの故障の多くは、汗が原因と言われています。

「Soundcore Spirit」は2層の防水構造により、塩分を含んだ水につけても壊れず高音質なサウンドを楽しめます。

☟の写真はAnker社のHPより引用していますが、海でも使用できるイヤホンというのはスゴイですね。

最大12時間の長時間再生

完全ワイヤレスイヤホンが流行りですが、連続再生時間が3時間前後と短いです。

左右一体型イヤホンの「Soundcore Spirit」は2機種発売されていて、「Soundcore Spirit」は最大8時間、「Soundcore Spirit X」は最大12時間の連続再生が可能です。

長時間再生といえばネックバンドタイプのイヤホンですが、左右一体型イヤホンの「Soundcore Spirit」の連続再生時間で十分という方もいると思います。ネックバンドがないので運動の邪魔にならずかえって便利です。

対応コーデック

iPodやiPhoneの標準コーデックであるAACに対応しています。

AACとは音声データを転送する際に圧縮/拡張するための規格です。iPhoneユーザーなら、iTuneで購入した曲の音質を低下せず聞けるAACに対応したイヤホンを利用しましょう。

「Soundcore Spirit」は高音質で、Bluetooth5.0に対応しているので音の遅延も小さく抑えられます。 

Ankerのイヤホン「Soundcore Spirit」は2機種

「Soundcore Spirit」と「Soundcore Spirit X」という2機種が発売されています。

「Soundcore Spirit」が2,999円(税込)、「Soundcore Spirit X」は3,399円(税込)とどちらも非常にコスパに優れた商品です。

「Soundcore Spirit」と「Soundcore Spirit X」の違い

どちらもカナル型のイヤホンですが、耳への固定方法が異なります。「Soundcore Spirit」はフック、「Soundcore Spirit X」は耳かけになっています。

その他の主な違いは☟の通り(スマホの方は表をスライドできます)

 Soundcore SpiritSoundcore Spirit X
ドライバー6mm10mm
再生可能時間8時間12時間
ノイズキャンセリングCVCノイズキャンセリング
パッシブノイズキャンセリング
なし

ノイズキャンセリングが必要ないなら、「Soundcore Spirit X」はドライバーが10mmで再生可能時間12時間は魅力です。

補足

CVCノイズキャンセリング:通話時のノイズを除去する機能

 パッシブノイズキャンセリング:周囲の音を除去する機能 

Ankerのイヤホン「Soundcore Spirit」の特徴まとめ

  • Bluetooth5.0対応で音ズレ軽減
  • 最先端の防水防汗機能
  • AAC対応
  • 最大12時間の連続再生が可能

Bluetooth5.0対応のイヤホンを探している人は、コスパ最高で高性能Ankerのイヤホン「Soundcore Spirit」をオススメします。

コメントを残す