UQでんきの評判・口コミは?料金のデメリットに要注意!

UQでんきは電力自由化で新しく参入した新電力の1つで、UQモバイルを運営するKDDIによるサービスです。

格安スマホのUQモバイルを利用している人は、UQでんきもセット契約した方がお得なのか気になりますよね。

東京電力・関西電力・中部電力など地域の大手電力会社に比べれば節約できるのは、新電力であれば当然のこと。

ですが大事なのは、「数ある新電力の中でUQでんきは本当にお得なのか?」ですよね。

UQモバイルでスマホ代を安くできても、新電力の中でUQでんきが割高なら契約する意味はありません

他のお得な新電力を選んで、UQモバイルと組み合わせる方が節約できます

そこで電力の専門家がUQでんきに切り替えても大丈夫なのか解説します。

UQでんきの評判・口コミ

UQでんきの評判・口コミ

当サイトやtwitterや知恵袋などで確認できた、UQでんきの口コミを紹介します。

  • UQモバイルにしてスマホ代節約できたけど、UQでんきは見送りました。UQでまとめずに、新電力大手のLooopでんきやあしたでんきと組み合わせる方がずっと節約できますね。たぶんUQでんきの方が年間1万円近く高くなりそう。
  • UQでんきってポイント還元するだけで、電気代全く安くならないのな。UQモバイルでスマホ代安くなったのに、UQでんきは電気代節約できないってさすがにダメでしょ。電気は他の新電力から選ぶ予定。
  • 格安スマホのUQモバイルに乗り換えたから、UQでんきも合わせて契約しようかな?スマホ代は安くなったけど、電気代はどうなんだろう?

格安スマホのUQモバイルは携帯代を節約できますが、UQでんきの電気代についての評価は高くはありません。

UQモバイル利用者は新電力についてもしっかり比較している人が多く、お得な新電力とUQモバイルを別々に契約してスマホ代と電気代の両方を節約していると予想できます

Point
  • UQモバイルと新電力を別々の会社で組み合わせる人の方が多い

 

UQでんきのメリット

UQでんきのメリットやおすすめな点は次の2つです。

UQでんきのメリット
  1. au Wallet ポイント還元される
  2. スマホと電気の請求がまとまる

 

au Wallet ポイントが還元される

UQでんきのポイント還元

UQでんきは毎月の電気代に応じて、1~5%の「au wallet ポイント」が付与されます

ポイントはその月の電気代に応じて、次のように決まります。

  • 5,000円未満:1%還元
  • 5,000円~8,000円未満:3%還元
  • 8,000円以上:5%還元

UQでんきの電気料金自体はこれまでとほぼ同じで、ポイントが最大5%還元されることで実質値引きになるということですね。

Point
  • UQでんきはポイントが1~5%還元

 

スマホと電気の請求がまとまる

UQでんきはUQモバイルの料金と請求を1つにまとめることができます。

電気代と携帯代を一緒にでき、支払いが1回で済むので家計の管理は楽になりますね。

Point
  • 請求をまとめられる

 

UQでんきのデメリット

UQでんきの主なデメリットは、次の4つです。

UQでんきのデメリット
  1. UQモバイルと人気の新電力を組み合わせる方がかなり安い
  2. ポイントの使い道が限られる
  3. UQモバイルを解約すると高くなる
  4. 1年未満の解約で違約金がかかる

 

UQモバイルと人気の新電力を組み合わせる方がかなり安い

UQでんきの最大のデメリットは、UQモバイルとセット契約しても電気代のメリットが少ないこと。

UQモバイルの利用者でもUQでんきを選ばず、電気代の安い人気の新電力を組み合わせる方が大幅に節約できます

UQでんきのデメリット

例えば関東で人気の「自然電力」と比べてみます。

関東で平均的な4人家族の場合で試算(50Aで月393kWhの電気を使用と仮定)

東京
電力
UQ
でんき
自然
電力
1年間の
電気代
137,100円137,053円118,792円
年間の
電気代
節約額
0円47円18,308円
年間の
ポイント
還元
0円6,853‬円
(5%分)
0円
年間の
節約額
合計
0円6,900円18,308円

UQでんきはポイント還元される分、東京電力よりはお得です。しかしポイントが貯まっても電気代が高いので、人気の自然電力の「SEデビュー」プランと比べると1年間の節約額合計で大幅に負けてしまいます。

UQモバイル利用者でもUQでんきをセット契約せず、お得な新電力と組み合わせる方がおすすめということですね

特にUQでんきにこだわりがないなら、こちらの関連記事であなた自身に合った新電力を探して下さいね。

Point
  • UQモバイルと人気の新電力を組み合わせる方がかなり安い

 

ポイントの使い道が限られる

UQでんきはポイント還元されるのがメリットですが、ポイントを電気代の支払いに利用できません

貯まった「au Wallet ポイント」は「au Pay」か「au Wowma!」で利用できますが、これらのサービスを使わない人にはポイントの使い道がほとんどありません。

UQでんきは電気代自体がほとんど安くならないので、ポイントを使えない場合は切り替えるメリットがなくなってしまいますね。

Point
  • ポイントの使い道が限られる

 

UQモバイルを解約すると高くなる

UQでんきではUQモバイルの契約者のみポイント還元されます。

そのため将来的に他の格安スマホに乗り換える可能性がある人は注意が必要です。

UQモバイルを解約するとポイント還元がなくなり、UQでんきを利用する意味がなくなるからですね。

UQでんきはポイント還元があってはじめてお得な新電力なので、UQモバイルを解約するとかなり割高になってしまいます

Point
  • UQモバイルを解約すると割高な新電力となる

 

1年未満の解約で違約金がかかる

UQでんきを契約後1年未満に解約すると、違約金2,000円が請求されます

電力会社はスマホとは違い解約時の違約金がないのが基本なので、デメリットとなってしまいますね。

しかもUQでんきの公式サイト上に違約金の記載がほとんどなく、一般の人がほとんど見ない約款を見てはじめて分かるようになっています。

違約金の存在を知らずに契約してしまう可能性もあり、極めて不親切と言えますね。

早急に違約金の存在を事前に分かるよう、公式サイトの改善を期待します。

Point
  • 1年未満の解約で違約金がかかる

 

UQでんきのプラン

UQでんきには次の2つのプランがあります。

  • UQでんきM
  • UQでんきL

「UQでんきM」が一般家庭向け、「UQでんきL」は店舗や大家族向けです。

UQでんきの料金単価は東京電力や関西電力など従来の電力会社とほぼ同じなので、支払う電気代自体はあまり変わりません。

「au Walletポイント」で還元することでお得になる仕組みです。

 

UQでんきの料金を比較

UQでんきの電気料金がいくらになり、どれくらいお得になるのか比較します。

1人暮らし・2人暮らし・3人暮らし・4人暮らし・5人暮らしの平均の電気使用量から、電気代をシミュレーションしています。


地域を選んで下さい

UQでんきと東京電力を比較(関東)

UQでんきの関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・山梨・静岡富士川以東)での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、東京電力に加えて関東で人気の自然電力の「SEデビュー」プランとも比較します。

東京電力(TEPCO)からUQでんきの「UQでんきM」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
東京電力
【切替後】
UQでんき
【参考】
自然電力
SEデビュー
1人66,568円65,878円
年間-690円
63,199円
年間-3,369円
2人109,693円106,363円
年間-3,330円
99,656円
年間-10,037円
3人128,165円121,714円
年間-6,451円
112,870円
年間-15,295円
4人137,100円130,200円
年間-6,900円
118,792円
年間-18,308円
5人153,371円145,654円
年間-7,717円
130,324円
年間-23,047円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率1%・2人世帯を還元率3%・3人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(関東)

基本料金
(毎月固定)
アンペア単価
20A572円
30A858円
40A1,144円
50A1,430円
60A1,716円
従量料金
(1kWhごと)
電気利用量単価
120kWhまで19.87円
121~300kWh26.47円
301kWh以上30.56円

UQでんきはポイント還元される分、東京電力より少しお得になります。

ですが関東で人気の自然電力の「SEデビュー」プランと比べると、UQでんきはかなり割高ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく関東でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

UQでんきと関西電力を比較(関西)

UQでんきの関西(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、関西電力に加えて関西で人気の「Looopでんき」とも比較します。

関西電力からUQでんきの「UQでんきM」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
関西電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
Looop
でんき
1人56,630円56,041円
年間-589円
55,641円
年間-989円
2人98,428円95,438円
年間-2,990円
90,585円
年間-7,843円
3人112,838円107,156円
年間-5,682円
101,606円
年間-11,232円
4人118,111円112,162円
年間-5,949円
105,638円
年間-12,473円
5人130,412円123,845円
年間-6,567円
115,046円
年間-15,366円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率1%・2人世帯を還元率3%・3人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(関西)

最初の15kWhまで
(固定料金)
341.01円
従量料金
(1kWhごと)
16~120kWhまで20.31円
121~300kWh25.79円
301kWh以上29.28円

UQでんきはポイント還元される分、関西電力より少しお得になります。

ですが関西で人気のLooopでんきと比べると、UQでんきはかなり割高ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく関西でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

UQでんきと中部電力を比較(中部)

UQでんきの中部(愛知・岐阜・三重・長野・静岡富士川以西)での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、中部電力に加えて中部で超人気の「自然電力」の最安値プランSEデビューとも比較します。

中部電力からUQでんきの「UQでんきM」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
中部電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
自然電力
SEデビュー
1人67,300円66,599円
年間-702円
61,363円
年間-5,937円
2人108,452円105,163円
年間-3,290円
97,040円
年間-11,412円
3人125,901円119,562円
年間-6,339円
109,810円
年間-16,091円
4人134,462円127,690円
年間-6,772円
115,444円
年間-19,018円
5人149,859円142,310円
年間-7,549円
126,568円
年間-23,291円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率1%・2人世帯を還元率3%・3人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(中部)

基本料金
(毎月固定)
アンペア単価
20A572円
30A858円
40A1,144円
50A1,430円
60A1,716円
従量料金
(1kWhごと)
電気利用量単価
120kWhまで21.05円
121~300kWh25.54円
301kWh以上28.47円

UQでんきはポイント還元される分、中部電力より少しお得になります。

ですが中部で人気の自然電力の「SEデビュー」プランと比べると、UQでんきはかなり割高ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく中部でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

UQでんきと北海道電力を比較(北海道)

UQでんきの北海道での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、北海道電力に加えて北海道で人気の「Looopでんき」とも比較します。

北海道電力(ほくでん)からUQでんきの「UQでんきM」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
北海道
電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
Looop
でんき
1人78,409円76,018円
年間-2,391円
73,278円
年間-5,131円
2人128,174円121,708円
年間-6,466円
119,298円
年間-8,876円
3人148,989円141,473円
年間-7,516円
133,812円
年間-15,177円
4人159,200円151,168円
年間-8,032円
139,122円
年間-20,078円
5人177,567円168,610円
年間-8,957円
151,512円
年間-26,055円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率3%・2人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(北海道)

基本料金
(毎月固定)
アンペア単価
20A682円
30A1,023円
40A1,364円
50A1,705円
60A2,046円
従量料金
(1kWhごと)
電気利用量単価
120kWhまで23.96円
121~300kWh30.26円
301kWh以上33.97円

UQでんきはポイント還元される分、北海道電力より少しお得になります。

ですが北海道で人気のLooopでんきと比べると、UQでんきはかなり割高ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく北海道でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

UQでんきと東北電力を比較(東北)

UQでんきの東北(宮城・山形・福島・岩手・秋田・青森・新潟)での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、東北電力に加えて東北で人気の「ピタでん」とも比較します。

東北電力からUQでんきの「UQでんきM」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
東北電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
ピタでん
1人65,079円64,390円
年間-690円
63,863円
年間-1,216円
2人106,348円103,105円
年間-3,244円
103,971円
年間-2,377円
3人124,714円123,820円
年間-6,292円
116,620円
年間-8,094円
4人133,944円127,188円
年間-6,756円
121,248円
年間-12,696円
5人150,202円142,630円
年間-7,572円
132,046円
年間-18,156円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率1%・2人世帯を還元率3%・3人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(東北)

基本料金
(毎月固定)
アンペア単価
20A660円
30A990円
40A1,320円
50A1,650円
60A1,980円
従量料金
(1kWhごと)
電気利用量単価
120kWhまで18.56円
121~280kWh25.32円
281kWh以上29.27円

UQでんきはポイント還元される分、東北電力より少しお得になります。

ですが東北で人気のピタでんと比べると、UQでんきは割高な傾向ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく東北でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

UQでんきと北陸電力を比較(北陸)

UQでんきの北陸(石川・富山・福井)での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、北陸電力に加えて北陸で人気の「Looopでんき」とも比較します。

北陸電力からUQでんきの「UQでんきM」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
北陸
電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
Looop
でんき
1人57,112円56,507円
年間-605円
52,909円
年間-4,203円
2人91,786円88,973円
年間-2,813円
86,137円
年間-5,649円
3人106,227円100,852円
年間-5,375円
96,616円
年間-9,611円
4人113,352円107,619円
年間-5,733円
100,450円
年間-12,902円
5人126,105円119,731円
年間-6,374円
109,396円
年間-16,709円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率1%・2人世帯を還元率3%・3人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(北陸)

基本料金
(毎月固定)
アンペア単価
20A484円
30A726円
40A968円
50A1,210円
60A1,452円
従量料金
(1kWhごと)
電気利用量単価
120kWhまで17.84円
121~300kWh21.72円
301kWh以上23.44円

UQでんきはポイント還元される分、北陸電力より少しお得になります。

ですが北陸で人気のLooopでんきと比べると、UQでんきはかなり割高ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく北陸でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

UQでんきと中国電力を比較(中国)

UQでんきの中国(広島・岡山・山口・島根・鳥取)での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、中国電力に加えて1人暮らしの場合にお得な「昭和シェル石油」、2人以上の世帯でお得な「エルピオでんき」とも比較します。

中国電力からUQでんきの「UQでんきM」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

1人暮らしの場合

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
中国電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
昭和
シェル
1人58,922円58,275円
年間-647円
56,556円
年間-2,366円

2人以上の世帯の場合

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
中国電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
エルピオ
でんき
2人102,717円99,544円
年間-3,173円
95,357円
年間-7,360円
3人117,275円111,307円
年間-5,968円
106,958円
年間-10,317円
4人122,601円116,362円
年間-6,239円
111,203円
年間-11,398円
5人135,029円128,156円
年間-6,873円
121,106円
年間-13,923円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率1%・2人世帯を還元率3%・3人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(中国)

最初の15kWhまで
(固定料金)
337.35円
従量料金
(1kWhごと)
16~120kWhまで20.76円
121~300kWh27.45円
301kWh以上29.56円

UQでんきはポイント還元される分、中国電力より少しお得になります。

ですが中国で人気の昭和シェル石油やエルピオでんきと比べると、UQでんきはかなり割高ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく中国地方でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

UQでんきと四国電力を比較(四国)

UQでんきの四国(香川・徳島・愛媛・高知)での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、四国電力に加えて1人暮らしの場合にお得な「昭和シェル石油」、2人以上の世帯でお得な「エルピオでんき」とも比較します。

四国電力からUQでんきの「でんきMプラン」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

1人暮らしの場合

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
四国電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
昭和
シェル
1人59,758円59,137円
年間-621円
59,466円
年間-292円

2人以上の世帯の場合

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
四国電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
エルピオ
でんき
2人103,421円100,281円
年間-3,141円
96,813円
年間-6,608円
3人118,427円112,464円
年間-5,963円
108,591円
年間-9,836円
4人123,917円117,678円
年間-6,239円
112,901円
年間-11,016円
5人136,727円129,844円
年間-6,883円
122,955円
年間-13,772円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率1%・2人世帯を還元率3%・3人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(四国)

最初の11kWhまで
(固定料金)
411.4円
従量料金
(1kWhごと)
12~120kWhまで20.36円
121~300kWh26.98円
301kWh以上30.49円

UQでんきはポイント還元される分、四国電力より少しお得になります。

ですが四国で人気の昭和シェル石油やエルピオでんきと比べると、UQでんきはかなり割高ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく四国でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

UQでんきと九州電力を比較(九州)

UQでんきの九州(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)での料金を計算します。

本当にお得なのかチェックするため、九州電力に加えて九州で人気の「ピタでん」とも比較します。

九州電力からUQでんきの「UQでんきM」に乗り換えると、1年間の電気料金の目安は次のとおりです。(UQでんきで貯まるポイント額を引いた実質料金で計算)

(スマホは右にスライドできます

世帯人数【切替前】
九州電力
【切替後】
UQ
でんき
【参考】
ピタでん
1人59,909円59,286円
年間-623円
56,287円
年間-3,622円
2人97,214円94,254円
年間-2,960円
91,637円
年間-5,577円
3人113,600円107,868円
年間-5,732円
102,785円
年間-10,815円
4人121,854円115,707円
年間-6,147円
106,864円
年間-14,990円
5人136,364円129,483円
年間-6,881円
116,381円
年間-19,983円
補足
UQでんきは1人世帯を還元率1%・2人世帯を還元率3%・3人以上の世帯を還元率5%で計算

UQでんきM(九州)

基本料金
(毎月固定)
アンペア単価
20A594円
30A891円
40A1,188円
50A1,485円
60A1,782円
従量料金
(1kWhごと)
電気利用量単価
120kWhまで17.45円
121~300kWh23.05円
301kWh以上26.04円

UQでんきはポイント還元される分、九州電力より少しお得になります。

ですが九州で人気のピタでんと比べると、UQでんきは割高ですね。

特にこだわりがなければ、UQでんきではなく九州でお得な新電力から選ぶ方がおすすめです。

 

UQでんきの解約の方法・違約金

今の住居で他社へ乗り換えの場合は、UQでんきへ解約の連絡や手続きは不要です。新しい電力会社を選び、申し込むと自動解約されます。

引越しなど退去のため解約する場合は、解約の連絡が必須です。退去日が決まったら利用停止の連絡をしましょう。

UQでんきの契約期間は1年契約の自動更新です。解約の手数料は無料ですが、契約1年未満の解約の場合は違約金2,000円が必要となります。

また申し込み後8日以内のキャンセルの場合は、クーリングオフも可能です。

 

UQでんきのまとめ

UQでんきは最大5%のポイントが還元されますが、電気代はほとんど安くなりません。

また人気の新電力と比べると割高なので、UQモバイルとセット契約をする意味がほとんどないのが残念なところ・・

UQモバイルと電気代のお得な新電力と組み合わせた方が、スマホ代と電気代の両方を節約できます

こちらの関連記事ではあなた自身に最適な新電力を、わずか10秒で診断できます。ぜひピッタリな電力会社を探して下さいね。

 

UQでんきでよくある質問

対応エリア・地域

UQでんきの供給エリアは沖縄県以外の全国です。(ただし離島は対象外)

賃貸・分譲やマンション・アパートでも契約できる?

賃貸や分譲関係なく、一軒家だけではなくマンションやアパートでも契約できます。もちろん団地や社宅でもOK。

ただし高圧一括契約のマンションの場合や、賃貸で電力会社が指定されているケースなどは乗り換えはできません。

個人名義で電力会社と契約している場合は、問題なく切替できます。

オール電化プランはある?

UQでんきはオール電化の場合は申込みできません。該当する人は夜間料金の安いオール電化プランのある新電力会社から選びましょう。

支払い・支払い方法の変更

支払方法対応状況
クレジット
カード

(Visa・MasterCard・JCB・Diners・AMEX)
口座振替
引き落とし
コンビニ支払不可
スマホ決済不可

UQでんきの支払い方法はクレジットカード払いまたは銀行口座からの口座振替(自動引き落とし)となります。

支払方法の変更やクレジットカードの変更・口座変更は、こちらから。

会社概要・問い合わせ先

電話番号
連絡先
0120-929-818
お問い合わせフォームはこちら
【約款】
営業時間年中無休9~21時
電源構成
発電方法
水力2%・火力25.4%・再生可能エネルギー7.2%・卸電力取引所58.5%・その他6.8%
co2排出係数0.574kg-CO2/kWh(2018年実績)
売電買取は不可(太陽光の余剰電力は他社へ売電して下さい)

 

電力自由化記事のフッター

「電力会社の選び方」関連記事

あなたにピッタリな電力会社が分かる

電力会社ランキング
関東 
関西 
中部 
東北 
北陸 
中国 
四国 
九州 
沖縄 

合わせてガス代も節約しよう

都市ガス会社ランキング
関東 
関西 
・九州(作成中)